「映画の世界で過ごせる宿」をAirbnbが海外各地からピックアップ!

世界最大の民泊プラットフォーム「Airbnb」で、映画の1シーンのように過ごすことができる宿泊先を世界中からピックアップしてこのほど発表。映画『スター・ウォーズ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、宿泊するだけで登場人物の気分が楽しめる。

テレビドラマやファッション誌の撮影地も泊まれる

スコットランドのネス湖にある「ベネディクト修道院」の室内(画像提供:Airbnb)

旅行でせっかく過ごすなら、映画の1シーンのような宿に泊まってみたい。誰もが一度は思うそんな“夢”が叶う宿泊先を世界最大の民泊プラットフォーム「Airbnb」がこのほど、世界中からピックアップして発表した。


あの有名な映画の世界を再現、大物建築家が設計、人気テレビドラマや大手ファッション雑誌の撮影地、お姫様気分が味わえるなど、空き部屋の有効活用といった従来の民泊にとどまらないニーズの広がりも垣間見られる。
 

ルーク・スカイウォーカーの家、ホビットの世界も再現

アメリカ・カリフォルニア州にある「ボニータ・ドーム-ウェスト・ポッド」(画像提供:Airbnb)

まず紹介するのは、昨年シリーズ8作目が公開された『スター・ウォーズ』のような世界が体験できる宿泊先。アメリカ・カリフォルニア州ジョシュアツリーにある「Bonita Domes – West Pod (ボニータ・ドーム-ウェスト・ポッド)だ。


ドーム型の施設がまるで、あのルーク・スカイウォーカーが、若き日に住んでいた砂漠の惑星タトゥーインの家のよう。周辺の自然と一体化したワンルームの隠れ家で、キャンプ気分も味わえるという。

ホビットの家が再現された「アンダーグラウンド・ヒュッゲ」はアメリカ・ワシントン州オロンドにある(画像提供:Airbnb)

同じアメリカのワシントン州オロンドにある「Underground Hygge(アンダーグラウンド・ヒュッゲ)」は、映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』に登場したホビットたちの住居そのもの。お馴染みのあの丸いドア、室内の調度品などもホビットがまるで住んでいるかのような雰囲気で、外の景色もホビット村によく似ている。映画はもちろんトールキンの小説が好きなファンもぜひ訪れてみたいはずだ。

ディズニー映画のプリンセスになれる! 美しい宿の数々

メキシコ・ムヘーレス島にある1940年代に設計された「貝殻の家」(画像提供:Airbnb)

ディズニーアニメの名作『リトルマーメイド』で、海底の世界に憧れる人もいるだろう。メキシコのムヘーレス島にある「The World Famous Seashell House(貝殻の家)」は、青い空に白亜の外壁など、その世界がまるでそのまま再現されたかのような部屋となっている。


しかも、1940年代に建築家エドゥアルド・オカンポ氏が兄弟のために設計したとされ、主人公アリエルの気分で海底世界にいるかのようにのんびり過ごすことができて楽しそうだ。

スコットランド北部で最も美しい建造物の1つ「ベネディクト修道院」(画像提供:Airbnb)

ヨーロッパでは、イギリス・スコットランドのネス湖にある「St. Benedict’s Abbey(ベネディクト修道院)」で、ディズニーの人気映画に登場するプリンセスの気分が味わえる。由緒ある修道院で建造物としても素晴らしく、落ち着いた雰囲気の庭園やネス湖の景観も堪能できるとのこと。

アメリカ・カリフォルニア州にある南国ムードたっぷりの「パイレーツ・オブ・カリビアンのゲートウェイ」(画像提供:Airbnb)

さらに、アメリカ・カリフォルニア州のトパンガキャニオンにあるトロピカル調の「Pirates of the Caribbean Getaway(パイレーツ・オブ・カリビアンのゲートウェイ)では、その名の通り、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の気分になることができる。敷地内に滝や池もあり、南国ムードも満喫できるという。

アメリカ・ロサンゼルスと日本でも映画ロケ地を民泊で体験

アメリカ・ロサンゼルスの「ハネムーン・スパ・リトリート "アントラージュ"」はゴージャスでリラックスできる家 (画像提供:Airbnb)

実際にロケ地として使われた場所もある。アメリカ・ロサンゼルスにある「”Entourage” Honeymoon Spa Retreat(ハネムーン・スパ・リトリート “アントラージュ”)」は、人気ドラマ『アントラージュ☆オレたちのハリウッド』をはじめ、『VOGUE』『ELLE』といった雑誌の撮影が行われたことも。1927年に建てられた地中海風のゴージャスな建物で、2m以上ある大きなプールがあるほか、ロサンゼルス中心部のスカイラインや夜景なども望むことができる。

神奈川県逗子市にある「逗子海岸 古民家」(画像提供:Airbnb)

さらに、神奈川県逗子市の「Zushi beach Japanese classic(逗子海岸 古民家)」は、映画『向こうの家』のロケ地。明治から大正にかけての風情が感じられるほか、葉山も徒歩圏内で海と山の両方のロケーションが楽しめる。


【関連リンク】
Airbnb 公式サイト
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは