ラミレス監督「リーグ優勝、CS突破し日本一に」DeNAの必勝祈願で抱負

横浜DeNAベイスターズは、2018年3月22日、鎌倉市の鶴岡八幡宮で必勝祈願を行った。A.ラミレス監督をはじめとする一軍メンバー、チームスタッフ、球団職員らが、集まったファン約1300人とともに参拝し、チームの勝利を祈った。2012年から行っている恒例行事。

DeNA恒例、鎌倉八幡宮での必勝祈願にファン1300人が集結

鶴岡八幡宮での必勝祈願にファン約1300人が集まった(2018年3月22日撮影)
鶴岡八幡宮での必勝祈願にファン約1300人が集まった(2018年3月22日撮影)

横浜DeNAベイスターズは、2018年3月22日(木)、鶴岡八幡宮(鎌倉市)で必勝祈願を行った。A.ラミレス監督をはじめとする一軍メンバー、チームスタッフおよび球団職員が、集まったファン約1300人とともに参拝し、チームの勝利を祈った。DeNAは新体制になった2012年から、同宮でファンとの合同参拝を行っている。

ファンの声援に応えながら舞殿に向かう、ラミレス監督と筒香嘉智選手(左側)。右側は南場智子オーナーと岡村信悟球団社長(2018年3月22日撮影)
ファンの声援に応えながら舞殿に向かう、ラミレス監督と筒香嘉智選手(左側)。右側は南場智子オーナーと岡村信悟球団社長(2018年3月22日撮影)


神職が祝詞を読みあげ、巫女が神楽を奉納したのに続き、南場智子オーナー、岡村信悟球団社長をはじめ、ラミレス監督、キャプテン・筒香嘉智選手らが代表して玉串を奉納するなど、シーズンの安全と必勝をファンと一緒に祈った。

舞殿前で行われた必勝祈願の様子(2018年3月22日撮影)

舞殿前で行われた必勝祈願の様子(2018年3月22日撮影)

舞殿前で行われた必勝祈願の様子(2018年3月22日撮影)
舞殿前で行われた必勝祈願の様子(2018年3月22日撮影)

 

筒香選手「無駄な試合はひとつもない。開幕からベストを尽くす」

集まったファンに向けて「おはようございます」と日本語で挨拶したラミレス監督(2017年3月21日撮影)
集まったファンに向けて「おはようございます」と日本語で挨拶したラミレス監督(2017年3月21日撮影)

ラミレス監督は、集まったファンに向けて「本日は来場いただき、ありがとうございます。今年はセリーグ優勝、CSを勝ち抜き、再び日本シリーズの場に戻る。そして日本一になりたいと思っております。我々はベストを尽くしますので、引き続き、応援をお願いいたします」と挨拶した。
 

南場オーナーは記者に向けて「開幕戦がようやくホームでできるので楽しみです。“自分たち次第”というところまで来ました。昨年はケガ人が少なかったのがポイントの一つだったと思いますので、トレーナー含めスタッフ一丸となって、チームのコンディションを維持し、実力を出せるよう整えてまいります。皆さまの応援が力になります。よろしくお願いいたします」と笑顔で語った。
 

記者の囲み取材に答えた筒香選手は「優勝が見えるところまで来たと思います。(シーズンを通しての勝負どころを聞かれ)勝負は夏場からそれ以降だとは考えますが、それまでの戦いが夏場に影響しますし、無駄な試合というものは一試合もないので、開幕からベストを尽くします」と意気込んだ。

ラミレス監督は「NIPPON ICHI !!」と書いた絵馬を奉納(2018年3月22日撮影)
ラミレス監督は「NIPPON ICHI !!」と書いた絵馬を奉納(2018年3月22日撮影)


横浜DeNAベイスターズは、3月30日(金)、本拠地・横浜スタジアムでシーズン開幕を迎える(対 東京ヤクルト)。11年ぶりの本拠地開幕ということで、ファンに「さらなる後押しをしていただきたい」という想いから、3月25日(日)18:00よりJR桜木町駅前広場にて「横浜DeNAベイスターズ出陣式2018~VICTORY is within US.~」を開催。2018年シーズン開幕戦スターティングラインナップを発表する。
 

URL:横浜DeNAベイスターズ http://www.baystars.co.jp/


【関連記事】
横浜スタジアムの観客席がすべて横浜ブルーに「一体になって勝利を」(2018年3月)
横浜駅エリア初!DeNAの公式グッズショップが西口・ジョイナスに誕生(2018年3月)
DeNA、女性客にイベント限定ユニフォーム配布!4年目は「ドット柄」(2018年3月)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」