VWポロが8年ぶりのフルモデルチェンジで7代目にスイッチ

1975年に初代が登場して以来、約42年間で1400万台以上が生産されているというフォルクスワーゲン・ポロ。このポロが8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、7代目にスイッチした。どのような車になったのだろうか。

世界を代表するコンパクトカーのポロが新型に

1975年に初代が登場して以来、約42年間で1400万台以上が生産されているというフォルクスワーゲン・ポロ。ドイツのみならず世界のコンパクトカーを代表する1台なのは間違いない。
 

ポロが8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、7代目にスイッチした。

ポロ
新型フォルクスワーゲン・ポロの価格は、209万8000円〜265万円

 

なお、フォルクスワーゲンの「顔」であるゴルフは、初代登場時点から約43年間で累計生産台数は約3300万台(2017年6月発表時点)と発表済みだ。
 

日本でも初めての輸入車やセカンドカーとしても人気

さて、7代目にスイッチした新型フォルクスワーゲン・ポロは、欧州Bセグメントに分類されるコンパクトカーで、日本車ならホンダ・フィットや日産ノート、トヨタ・ヴィッツ、マツダ・デミオなどがライバルになる。
 

ポロの高い質感や走り(直進安定性)は、クルマ好きも一目置くところで、さらに初めての輸入車、あるいはセカンドカーとしてのニーズも高く、日本では1996年の本格導入以来、累計25万台以上が販売されているという。
 

ひと回り大きくなり、居住性、積載性が向上

新型のトピックスは、ゴルフなどと同様に、「MQB」と呼ばれるプラットフォーム(アーキテクチャー)が初めて採用された点で、ボディサイズもひと回り大きくなっている。なお、全長と全幅は65mm、ホイールベースは80mm延長された。

ボディサイズ
ボディサイズは、全長4060×全幅1750×全高1450mm、ホイールベースは2550mm。代を経るごとに大きくなり、4世代目ゴルフのサイズ感に近くなり、車両重量は先代よりも30kg増している

 

このボディサイズの拡大により、前後席の横方向に余裕が生まれ、後席の足元などが大きくなっている。荷室容量も351Lと上級のCセグメントに迫る広さを手に入れている。
 

そのほか、最新の車載インフォテイメントシステムが採用されるなど、使い勝手向上。

車載インフォテイメントシステムの「ディスカバープロ」をポロで初めて採用。ナビはもちろん、スマホ連携などが可能になっている


居住性、積載性の向上は明らかだが、サイズ拡大により取り回しや駐車面での影響、また狭い路地などでの走行について懸念もある。現行型でサイズ的に「ギリギリ」あるいは、あまり余裕がなかったという場合は、試乗などで確認したいところだ。

サイズ
エンジンは、1.2Lの直列4気筒ターボから、1.0Lの直列3気筒ターボにダウンサイジングされた。それでも5ps/15Nm向上し、30kgの重量増に対応している

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も