アガサ・クリスティに話題の小説もドラマ化!2018春のSPドラマガイド

連続ドラマが最終回を迎えると、寂しい気持ちになりますが、新番組のスタートまでは単発のスペシャルドラマが楽しめます。春は極上ミステリーを中心に力作がそろいました。

各局のドラマへの熱い想いを感じるスペシャルドラマ。この春は話題小説のドラマ化やアガサ・クリスティの原作の日本版など、極上ミステリー中心の見応えあるラインナップです。
 

嗅覚で難事件を解く! 『スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル』

昨年放送されて話題となった、ウクライナ発大ヒットドラマの日本語版『スニッファー 嗅覚捜査官』が帰ってきます。阿部寛演じる主人公の華岡信一郎が嗅覚で難事件を解決する異色の物語は、スペシャリストたちの活躍を大人の遊び心を織り込んで描くことを得意とする脚本家・林宏司の完全オリジナル版。
 

華岡の相棒となる刑事を香川照之がユーモラスに演じます。耳鼻咽喉科医の井川遥、華岡の元妻・板谷由夏、新しく加わるプロファイラーの波留と、女優陣の競演も贅沢。中高年のトホホな空気も描かれていますが、8Kで楽しめる世界観はファッショナブル、ぜひ注目してください。

▷3月21日(水・祝)/NHK/夜10時スタート
 

アガサ・クリスティの世界を堪能できる2夜 

◆和製マープルが活躍! 『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件~』

謎解きと同時に濃厚な人間模様が印象深いアガサ・クリスティのミステリー。テレビ朝日では3月末に2夜連続で放送です。
 

第1夜となる3月24日(土)は『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件~』が放送されます。危機管理のプロである主人公の天乃瞳子を演じるのは天海祐希。彼女が和製ミス・マープルとして、複雑な事件の真相に迫る聡明な推理に圧倒されそうです。壮大な物語を彩るのは西田敏行、草笛光子といったベテランから前田典子、桐山漣ら若い世代まで。豪華なキャストたちによる迫真の演技も期待できます。


▷3月24日(土)/テレビ朝日系/夜9時スタート
 

◆相国寺警部ふたたび 『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』

2017年3月に放送された『そして誰もいなくなった』で沢村一樹が演じた名警部・相国寺竜也がふたたび活躍するのは、第2夜となる25日(日)の 『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』。大女優が主催するパーティーを舞台に起きる連続殺人事件は、誰もが怪しくスリリングです。黒木瞳、財前直見、津川雅彦、古谷一行らベテラン勢も加わり、豪華絢爛な世界を激しく重々しく彩ります。


▷3月25日(日)/テレビ朝日系/夜9時スタート
 

三谷幸喜の極上ミステリー『黒井戸殺し』

4月には、フジテレビでアガサ・クリスティ原作のスペシャルドラマが登場します。原作アガサ・クリスティ、脚本三谷幸喜の『オリエント急行殺人事件』が放送されたのは2015年。その第2弾となる『黒井戸殺し』が4月14日(土)に放送されます。
 

原作はアガサ・クリスティの『アクロイド殺し』で、三谷流のウイットに富んだ仕上がりは興味津々です。主人公の名探偵・勝呂武尊を演じるのは個性的な役作りで話題になった野村萬斎、勝呂の相棒となる医師には大泉洋。登場人物たちの腹に何かを抱えた雰囲気はミステリアスでコミカル。一クセも二クセもある人物たちを三谷幸喜が三クセ、四クセへと引き上げるおもしろさは見逃せません。


▷4月14日(土)/フジテレビ系/夜8時スタート
 

熱い記者魂を 『ミッドナイトジャーナル~消えた誘拐犯を追え!七年目の真実~』

事件記者の執念と奮闘を描いた社会派サスペンス『ミッドナイトジャーナル~消えた誘拐犯を追え!七年目の真実~』は、新聞記者を演じる竹野内豊主演で3月30日(金)の放送。
 

事件の真相に迫っていながら立ちはだかる壁に、歯がゆい組織……。さまざまな思惑が交差する物語に臨場感を与えるのは、小日向文世、松重豊、木下ほうか、升毅ら旬の俳優たちです。新聞記者たちのエネルギーに胸を熱くしてください。


▷3月30日(金)/テレビ東京系/夜9時スタート
 

手に汗握る医療ミステリー 『がん消滅の罠~完全寛解の謎~』

原作は、第15回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した岩木一麻の『がん消滅の罠 完全寛謎解の罠』。元研究者である著者渾身の作品は社会への提言を含んでいます。
 

主人公の内科医・夏目典明を演じるのは唐沢寿明、同僚の研究医に渡部篤郎、二人とは違う視点で事件を追う保険会社の調査員には及川光博。手に汗握る展開はもちろん、北大路欣也、吉田鋼太郎ら実力派俳優陣の気骨のある演技も気になるところ。社会性の大きい医療ミステリーに、私たちは何を観ることになるのか、早くも緊張が高まります。
 

▷4月2日(月)/フジテレビ系/夜8時スタート
 

充実の特別ドラマはまだまだほかにも!

「創作テレビドラマ大賞」を受賞した『デッドフレイ~青い殺意〜』(NHK/夜10時)は3月21日(月)の放送。主人公の人生に絶望している青年を演じるのが瑞々しさが印象的な井之脇海。謎めいた人間ドラマをミムラ、千葉哲也、千葉雅子、水橋研二、和田正人といった実力派が盛り上げます。なお、「デッドフレイ」はアフリカ・ナミブ砂漠にある死の沼のこと。

3月28日(水)には、住みよい街として注目される日本一若い街・愛知県の長久手市の自動車博物館が舞台の『真夜中のスーパーカー』(NHKBSプレミアム/夜10時)が放送されます。歴代の名車やレースシーンを堪能できるドラマはファン必見。主人公のカーデザイナーを演じるのは山本美月。唐沢寿明、上遠野太洸、水木一郎らがなつかしい車の世界を躍動させます。

東京・言問橋の和菓子屋「くるりや」の職人・久留里卓三(吉田鋼太郎)が見せる切ない恋の物語が3月30日(金)に『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』(テレビ東京系/深夜0時12分)としてかえってきます。毎回見せるマドンナとのやさしいデートになぜか心が温まるノスタルジックな風景が魅力。くるりやのアルバイトに高畑充希、近所の理容店店主に片桐仁(ラーメンズ)、今回のマドンナには吉瀬美智子、やさしい風を感じてください。

春のスペシャルドラマ、お見逃しなく!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示