春のカフェタイムはタリーズのホットドッグ&パンケーキで決まり!

タリーズコーヒーでは、「ボールパークドッグ ホットチリシュリンプ」を2月23日より販売。 さらに3月2日には、より美味しくなったクラシックパンケーキで「クラシックパンケーキ メープルバター」と「クラシックパンケーキ アフォガートベリー」も発売

タリーズコーヒーでは3月2日から、「クラシックパンケーキ メープルバター」がより美味しくなり、リニューアル発売。アイスとベリーソースたっぷりの「クラシックパンケーキ アフォガートベリー」も同日に新発売しました。また、2月23日からは、春から夏に向けたボールパークドッグとして「ボールパークドッグ ホットチリシュリンプ」も販売されています。
 

生地がより美味しくなった「クラシックパンケーキ メープルバター」

「クラシックパンケーキ メープルバター」(650円)は、生地のしっとりジューシーな味わいをさらに感じられるようリニューアルした『クラシックパンケーキ』に、バターとメープルが添えられています。ほどよい塩味とメープルの風味、バターのコクが存分に楽しめます。
 

アイス×ベリーソースの「クラシックパンケーキ アフォガートベリー」

リニューアルした『クラシックパンケーキ』に、温かいカスタードムースとアイスクリームをトッピングし、大粒のミックスベリーソースをかけて仕上げたのが「クラシックパンケーキ アフォガートベリー」(780円)。たっぷりかけられたベリーソースから、イタリア語で「溺れる」という意味の「アフォガート」と名付けられたのだとか。温かくて冷たい食感を華やかなベリーの酸味とともに味わって。
 

『チポトレ』入りソースの「ボールパークドッグ ホットチリシュリンプ」

2月23日から登場した「ボールパークドッグ ホットチリシュリンプ」(430円)は、いま話題の『チポトレ』が入ったソースをトッピングしています。『チポトレ』とは唐辛子に燻製などの加工を施したもので、辛さの中にも香ばしさや深みのある風味が特徴だといいます。スモークが強めのソーセージとも相性抜群!さらにエビの旨みとオニオンの甘みで全体をまろやかに仕上げているそう。

※価格は全て税込み
※一部取り扱いをしていない店舗があります。 
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない