人気のミニバンにe-POWER!搭載車第2弾「セレナ」が3月1日に登場

人気の「e-POWER」をミニバンのセレナに搭載し、3月1日より全国一斉に発売すると日産は発表した。「e-POWER」搭載車としてはセレナが第2弾となる。

2017年ヒットの「ノート」に続くか!? 

セレナ
セレナe-POWERの価格帯は、2,968,920円〜3,404,160円

2017年のコンパクトカー・ナンバー1に輝いた日産ノートは、2012年9月発売と決して新しいモデルではなく、現在の国産コンパクトカーの中でも古株に入る。
 

それでもコンパクトカー販売台数で1位になったのは、2016年11月のマイナーチェンジを機に加わった「e-POWER」の貢献度が非常に大きく、発売後のデータでは8割近くがe-POWERを占めていて、登場から約1年3か月が経った現在でも、ノートにおけるe-POWER人気は健在だ。
 

そんな人気の「e-POWER」をミニバンのセレナに搭載し、3月1日より全国一斉に発売すると日産は発表した。「e-POWER」搭載車としてはセレナが第2弾となる。

 

給油できれば電池切れの心配が不要

セレナ
標準車のセレナe-POWERと同様に、オーテック仕様(e-POWER AUTECH)も同時に登場し、こちらは3,821,040円となっている

e-POWERは、電気自動車(EV)のようにモーターで走行するものの、発電用にエンジンを搭載する、所謂ハイブリッド方式の一種だ(ただし、通常のハイブリッドとは異なり、エンジンによって駆動することはない)。ガソリンで発電をするため、リーフのような大容量バッテリーを搭載した純粋な電気自動車(EV)と違って、給油できればEVについてまわる電池切れの心配が要らないわけだ。
 

居住性や積載性を犠牲にしないパッケージングも美点

福祉車両

標準車やオーテック仕様に加えて、日産の福祉車両であるライフケアビークル・シリーズもオーテックジャパンからリリースされていて、「ステップタイプ」、「セカンドスライドアップシート」、「チェアキャブスロープタイプ車いす1名サード仕様」を用意

e-POWERはノートもそうだが、前席の座面下にかさばるバッテリーを搭載することで、室内や荷室スペースを犠牲にせずにEV化(シリーズハイブリッド化)できるという利点がある。
 

セレナe-POWERも1列目下にバッテリーを配することで、箱型ミニバンに求められる居住性や積載性を確保しながら、モーター駆動による力強い発進加速性や高い静粛性、さらにはアクセルとブレーキペダルの踏み替えを抑制する「e-Pedal Drive」といった制御を盛り込んでいる。
 

ミニバンに対応するためにe-POWERが強化された

配列
セレナe-POWERのシート配列は、「2+2+3」の7人乗りのみ

別の機会に、テストコース内で試乗することができたが、ノートよりも大きなミニバンであるセレナでもe-POWERの利点は十分に感じられた。なお、ノートe-POWERよりもモーター出力を30kW向上させ、セレナでは100Kwという出力が与えられている。ノートの例からも分かるように、セレナでもe-POWERにより販売台数を大幅に伸ばす可能性があり、ライバルのトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイア、ホンダ・ステップワゴンにとっては脅威になるはずだ。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽