米国パントン社が選んだ2018年秋冬トレンドカラー

パントンが選んだ2018年秋冬トレンドカラー
パントンが選んだ2018年秋冬トレンドカラー

米国パントン社から、2018年秋冬トレンドカラー情報が発表されました。2018年2月8日に発表されたニューヨーク編は注目すべき10色と定番の5色、2月15日に発表されたロンドン編はニューヨーク編に2色を加えた12色と定番の5色で構成されています。
 

ところで、パントンのトレンドカラーはどのように選ばれるのでしょうか?
 

ニューヨーク、ロンドンでは、毎年2月と9月にファッションウィークが開催され、半年後に実シーズンを迎える秋冬、春夏ファッションが発表されます。パントン・カラー・インスティチュートは、ニューヨーク、ロンドンのファッションウィークで披露された新作ファッションから注目すべき色を抽出し、さらにデザインのあらゆる領域で用いられる色を厳選します。
 

季節を越える意欲的なカラーパレット

2018年秋冬のトレンドカラーは、実りの秋を連想させる深みのある色、ウール素材によく見られる伝統的な色合いに、意表を突くような大胆な色を加え、古典主義と創造的な表現を組み合わせた意欲的なカラーパレットとなっています。
 

この12色は、次の3つのタイプに分類することができます。
 

■伝統的な色:秋らしい深みのある色、落ち着いた色

  • レッドペア(赤く熟した西洋梨の色)1段目左端
  • セイロンイエロー(スパイスのようなイエロー)1段目右端
    ※西欧の人々にとって、インド洋に浮かぶスリランカ(セイロン)はエキゾチックで風味豊かなスパイスを連想させます。
  • マティーニオリーブ(ドライマティーニに入れるグリーンオリーブの実の色)2段目左端
  • ラセットオレンジ(落ち葉のオレンジ色)2段目左から2つめ
  • メロウローズ(グレイッシュなローズピンク)3段目左端
    ※英国の伝統的なローズ色は、人々を魅了するニュアンスを秘めています。
  • ケツァールグリーン(深みのある青緑)3段目右から2つめ
    ※中南米に生息する尾の長い大型のキヌバネドリの羽色


■インパクトのある色:鮮やかな色

  • ヴァリアントポピー(ポピーの花の赤)1段目左から2つめ
  • ネブラスカブルー(夕暮れの星空の青)1段目右から2つめ
  • ライムライト(ぴりっと刺激的な黄緑)3段目左から2つめ
  • ピンクピーコック(ドラマティックな明るいピンク)3段目右端


■創造的なニュアンスのある色:パープル系

  • ウルトラバイオレット(鮮やかな青紫)2段目右から2つめ
  • クロッカスペタル(明るい紫)2段目右端
    ※観賞用に栽培されるクロッカスは、どこか洗練された印象があります。


「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2018」に選ばれたウルトラバイオレットに加え、2018年秋冬トレンドカラーに、早春に咲くクロッカスの花の色が選ばれています。
 

このようなカラーパレットになった背景には、「シーバイナウ(see buy now)=見てすぐに買える」というファッションのトレンドがあります。秋冬ファッションとして発表したものが、春夏ファッションに取り入れられる時代だからこそ、季節を越えて楽しめるトレンドカラーが求められています。
 

定番色の新しい役割

脱・モノトーンのトレンドによって、定番色の存在感は薄れてきていますが、その一方で、トレンドカラーを日常的に楽しむために、定番色はこれまで以上に重要な要素となると考えられます。
 

2018年秋冬の定番色として、パントンは次の5色を選びました。4段目左から順に。

  • サルガッソシー(無限に広がる海のブルー)
  • トーフ(豆腐のようなホワイト)
  • アーモンドバフ(控えめな明るいキャメル色)
  • クワイエットグレー(飽きのこない柔らかいグレー)
  • ミーアキャット(こんがり焼けたトーストのようなブラウン)

従来の秋冬トレンドカラーに比べると、全体的に明るい色が選ばれています。定番色は色が主張しない反面、素材、ファブリックやニットなどによって、さまざまな表情を見せてくれます。インパクトのあるトレンドカラーの使い方に迷ったときは、さまざまな素材やアイテムの定番色と組み合わせてみましょう。春から夏へ、夏から秋へと、それぞれの季節に合った着こなしを楽しめるでしょう。

参考

PANTONE FASHION COLOR TREND REPORT NY Fashion Week Fall/Winter 2018

PANTONE FASHION COLOR TREND REPORT London Fashion Week Autumn/Winter 2018