三菱自動車、新型アウトランダーPHEVを3月ジュネーブMSで世界初披露

三菱自動車は2018年2月20日に、3月にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー2018の出展概要を公開した。新型アウトランダーPHEVをワールドプレミアするとの情報があったため、詳しく紹介したい

三菱自動車のジュネーブモーターショー2018は新型アウトランダーPHEVに注目

三菱自動車は、2018年3月6日~18日にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー2018にて、東京モーターショー2017でワールドプレミアされた『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』をヨーロッパで初披露するほか、2019年に発売予定の新型『アウトランダーPHEV』を世界初披露する。

塚田 勝弘氏撮影、東京モーターショー2017で公開されたMITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT写真

 

アウトランダーPHEV(2019) 画像


 

アウトランダーPHEV(2019年モデル)進化のポイントは?

プラグインハイブリッドEVシステムの進化
駆動用バッテリーとエンジンを新設計。エンジン排気量を2.4L(現行モデルは2L)にスペック変更し、各種改良を加えて低回転域で効率のよい発電を実現。エンジン発電制御も見直してエンジン音を大幅低減し、静粛性を向上させたとする。駆動用バッテリーは容量が15%、出力が10%向上。ジェネレーターとリヤモーターの出力もそれぞれ10%向上させ、より力強い走りを実現したとする。
 

S-AWC(ツインモーター4WD)の進化
モーターのレスポンスを高めつつ、前後の駆動力配分を最適化し、旋回性能と加速性能を最大限高めた「SPORT」モードを追加。また、滑りやすい路面での安定性とコントロール性が高まる「SNOW」モードを追加。

アウトランダーPHEV(2019) 正面画像

そのほか、ヘッドライトやグリル等各種エクステリアのデザインが変更され、現行よりスポーティー感を高めたデザインに変更、インテリアは上質感を高めたとする。ファンの多いアウトランダーPHEV、ジュネーブでのワールドプレミアとなるが、日本のファンの前でも是非公開してもらいたいところだ。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽