三菱自動車、新型アウトランダーPHEVを3月ジュネーブMSで世界初披露

三菱自動車は2018年2月20日に、3月にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー2018の出展概要を公開した。新型アウトランダーPHEVをワールドプレミアするとの情報があったため、詳しく紹介したい

三菱自動車のジュネーブモーターショー2018は新型アウトランダーPHEVに注目

三菱自動車は、2018年3月6日~18日にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー2018にて、東京モーターショー2017でワールドプレミアされた『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』をヨーロッパで初披露するほか、2019年に発売予定の新型『アウトランダーPHEV』を世界初披露する。

塚田 勝弘氏撮影、東京モーターショー2017で公開されたMITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT写真

 

アウトランダーPHEV(2019) 画像


 

アウトランダーPHEV(2019年モデル)進化のポイントは?

プラグインハイブリッドEVシステムの進化
駆動用バッテリーとエンジンを新設計。エンジン排気量を2.4L(現行モデルは2L)にスペック変更し、各種改良を加えて低回転域で効率のよい発電を実現。エンジン発電制御も見直してエンジン音を大幅低減し、静粛性を向上させたとする。駆動用バッテリーは容量が15%、出力が10%向上。ジェネレーターとリヤモーターの出力もそれぞれ10%向上させ、より力強い走りを実現したとする。
 

S-AWC(ツインモーター4WD)の進化
モーターのレスポンスを高めつつ、前後の駆動力配分を最適化し、旋回性能と加速性能を最大限高めた「SPORT」モードを追加。また、滑りやすい路面での安定性とコントロール性が高まる「SNOW」モードを追加。

アウトランダーPHEV(2019) 正面画像

そのほか、ヘッドライトやグリル等各種エクステリアのデザインが変更され、現行よりスポーティー感を高めたデザインに変更、インテリアは上質感を高めたとする。ファンの多いアウトランダーPHEV、ジュネーブでのワールドプレミアとなるが、日本のファンの前でも是非公開してもらいたいところだ。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」