横浜中華街で旧暦の新年を祝う「春節」スタート!3月2日まで

中国では旧暦の正月を「春節(しゅんせつ)」といい、盛大にお祝いする風習がある。横浜中華街でも、春節前夜のカウントダウンやパレードなど、春節期間(2週間)に様々なイベントが行われる。

2018年の春節は2月16日にスタート

春節を祝う伝統行事「採青(サイチン)」の様子。獅子舞が各店舗を1軒1軒巡っていく(2018年2月16日撮影)
春節を祝う伝統行事「採青(サイチン)」の様子。獅子舞が各店舗を1軒1軒巡っていく(2018年2月16日撮影)


中国では旧暦の正月を「春節(シュンセツ)」といい、盛大にお祝いする風習がある。2018年の春節期間は、2月16日(金)~3月2日(金)まで。横浜中華街でも中国と同様に、春節期間に様々なイベントが行われる。横浜中華街では、1986年から「春節」を開催しており、今回で32回目。

横浜中華街にある関帝廟(カンテイビョウ)と媽祖廟(マソビョウ)では、春節を迎える16日の0:00前にカウントダウンが行われ、お祝いの爆竹が鳴り響き、参拝客で賑わった。

16日の16:00からは、5頭の獅子舞が5コースに分かれて、各店舗の商売繁盛や五穀豊穣を祈って獅子舞を披露する「採青(サイチン)」が行われた。店頭や店内で獅子が舞う伝統行事は、20:00ごろまで続いた。

春節で賑わう市場通り。獅子舞と共にお祝いの爆竹が鳴り響いた(2018年2月16日撮影)
春節で賑わう市場通り。獅子舞と共にお祝いの爆竹が鳴り響いた(2018年2月16日撮影)

 

3月2日までの春節期間中、イベント目白押し

媽祖廟で行われる「元宵節燈籠祭」の様子(2013年撮影)
媽祖廟で行われる「元宵節燈籠祭」の様子(2013年撮影)

2月17日(土)、18日(日)、25日(日)には、横浜中華街にある山下町公園で「春節娯楽表演」が行われる。獅子舞・龍舞・舞踊・中国雑技などの中国伝統芸能を披露するもので、各日とも14:30~15:30、16:00~17:00、17:30~18:30の3回行われる予定。

2月24日(土)には「祝舞遊行(しゅくまいゆうこう=パレード)」が開催。華やかな皇帝衣装隊をはじめ、獅子舞・龍舞が練り歩く。山下町公園をスタートし、関帝廟通り→福建路→西門通り→中華街大通り→南門シルクロードを経て、山下町公園へ戻ってくる。16:00スタート。

春節最終日の3月2日(金)には、媽祖廟で元宵節燈籠祭が行われる。メッセージ燈籠が奉納され、そこに書き込まれた人々の願いが天に届くよう、奉納舞を披露する。幻想的な空間は必見。17:30~19:00まで。詳しい情報は横浜中華街公式サイトへ。

URL:横浜中華街公式サイト http://www.chinatown.or.jp/

【関連記事】
横浜中華街の春節 2018年のイベント最新情報
春節に食べたい!横浜中華街のおめでたいグルメ
横浜中華街で絶対に食べたい!おすすめの肉まん・あんまん16選

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望