横浜美術館で企画展をお得に鑑賞!バレンタイン・ペア券を限定発売

横浜美術館では、開催中の企画展「石内 都 肌理(きめ)と写真」をお得に鑑賞できる「バレンタイン・ペア券」を期間限定(2018年2月9日~2月18日)で販売する。通常一般当日観覧券1500円をペアで2500円とする。男女のカップルのほか、友人、家族2名でも可。

バレンタインデートは横浜美術館へ!

横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1)では、開催中の企画展「石内 都 肌理(きめ)と写真」をお得に鑑賞できる「バレンタイン・ペア券」を期間限定(2018年2月9日~2月18日)で販売する。通常一般当日観覧券1500円をペアで2500円とする。同券は、横浜美術館券売所のみで取り扱う。

《絹の夢 #50 併用絣銘仙 桐生》2011年、アーツ前橋蔵(画像提供:横浜美術館)
《絹の夢 #50 併用絣銘仙 桐生》2011年、アーツ前橋蔵(画像提供:横浜美術館)


2017年度冬の企画展「石内 都 肌理(きめ)と写真」は、2014年にアジア人女性として初めてハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、現在、国際的に高く評価される写真家のひとり・石内 都(いしうち みやこ)さんの8年ぶりとなる大規模個展。石内さん自身が「肌理(きめ)」というキーワードを掲げ、初期から未発表作にいたる約240点を展示構成している。


初個展「絶唱、横須賀ストーリー」でデビューしてから2017年に40周年を迎えた石内さん。建物や皮膚、そして亡き母や被爆者の遺品などに残された「生の軌跡」から記憶を呼び覚ます作品は「記憶の織物」とも評され、世界各地で高い評価を受けている。

《Yokohama 互楽荘》1987年(画像提供:横浜美術館)
《yokohama 互楽荘 #2》1986-87年(画像提供:横浜美術館)

1975年から横浜に暗室を構えていることから、最初期の写真「金沢八景」をはじめ、横浜の近代建築に取材した「yokohama 互楽荘」など、横浜の作品も多く展示。女性の傷跡を写した「Innocence」、撮影開始から10年目を迎えた「ひろしま」など、既存のシリーズの未発表作も多数公開している。また、新シリーズとして、アメリカのファッションデザイナー、リック・オウェンスの亡き父の遺品である着物を撮った作品や、徳島県の阿波人形浄瑠璃の衣装を題材にした作品も。

《ひろしま #106 Donor:Hashimoto, H.》2016年(画像提供:横浜美術館)
《ひろしま #106 Donor:Hashimoto, H.》2016年(画像提供:横浜美術館)


広報担当者は「お得なバレンタイン・ペア券は、カップルのバレンタインデートはもちろん、友人同士やご家族2名でもお使いいただけます。同時開催の横浜美術館コレクション展『全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真』も鑑賞いただけますので、これを機に横浜美術館をお楽しみください」とPRする。

■バレンタイン・ペア券
販売期間:2018年2月9日(金)~2月18日(日)
価格:ペア利用2500円
販売場所:横浜美術館券売所のみ
 

バレンタインギフトに!横浜美術館×VANILLABEANSオリジナルチョコレート

横浜美術館×VANILLABEANS「石内 都 肌理と写真」オリジナルチョコレート(2種、各918円税込)(画像提供:横浜美術館)
横浜美術館×VANILLABEANS「石内 都 肌理と写真」オリジナルチョコレート(2種、各918円税込)(画像提供:横浜美術館)


企画展に合わせて、横浜発のチョコレートブランド「VANILLABEANS」(チョコレートデザイン株式会社)と横浜美術館がコラボレーションし、石内さんの作品を使用した特別パッケージのオリジナルチョコレート(2種類)も販売されている。

メキシコの画家フリーダ・カーロの遺した衣服を撮影した作品「Frida by Ishiuchi」は、メキシコ料理「ポジョデモーレ」のチョコレートソースを彷彿とさせる、スパイスのきいた「柚子胡椒」(写真右)。石内の故郷、群馬県桐生市に残された絹織物「銘仙」を撮影した「絹の夢」は、誰もが思わず懐かしさを感じる、香り豊かな「ほうじ茶」(写真左)。どちらも同社の豊富なフレーバーより、石内さんが自らセレクトした。

「チョコレートで世界を幸せに」をモットーとし、フェアトレードのチョコレート使用量は日本トップクラスを誇る「VANILLABEANS」。同展タイトルの「肌理(きめ)」に通じるなめらかな味わいのチョコレートは、展覧会のお土産としてはもちろん、バレンタインやホワイトデーのギフトにもおすすめ。

■横浜美術館×VANILLABEANS「石内 都 肌理(きめ)と写真」オリジナルチョコレート
種類:2種(柚子胡椒、ほうじ茶)
価格:1枚918円
販売場所:横浜美術館ミュージアムショップ
※なくなり次第、販売終了

【DATA】
企画展「石内 都 肌理(きめ)と写真」
期間:2017年12月9日(土)~2018年3月4日(日)
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
※2018年3月1日(木)は16:00まで、3月3日(土)は20:30まで
休館日:木曜 ※3月1日を除く
チケット料金:一般1500円、大学・高校生900円、中学生600円、65歳以上1400円
※要年齢を示す証明書、毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳等)、団体割引等あり
URL:「石内 都 肌理と写真」特設サイト
URL:横浜美術館 http://yokohama.art.museum


【関連記事】
▼2018年3月24日から開催
全館「ヌード」!ロダン《接吻》など横浜美術館に英国テートの傑作が

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在