大勢で恵方巻きを食べるイベントは2回目!横浜タカシマヤ

横浜タカシマヤに来店した50名が恵方を向いて黙々と恵方巻きを食べるイベントが開催(2018年2月2日撮影)
横浜タカシマヤに来店した50名が恵方を向いて黙々と恵方巻きを食べるイベントが開催(2018年2月2日撮影)

横浜タカシマヤ(横浜市西区)で子ども連れの親子から夫婦、お年寄りまで、老若男女50人が恵方(2018年は南南東)を向いて、一斉に恵方巻きを食べるイベントが2018年2月2日(金)に行われた。先着で集まった参加者50人は、願い事をしながら、無料配布された恵方巻きをほおばった。

社員が赤鬼・青鬼に扮して整理券を配布(2018年2月2日撮影)
社員が赤鬼・青鬼に扮して整理券を配布(2018年2月2日撮影)


この「デパートの中心で恵方巻きを食べよう」は2017年に続き2回目。無料で配布された直径約4cm、長さ約18cmの恵方巻きは、地下1階「古市庵」で販売(540円税込)されているもの。卵焼き・干ぴょう・しいたけ・キュウリ・おぼろが入った太巻きとなっている。

笑顔で恵方巻きをほおばる参加者の皆さん(2018年2月2日撮影)
笑顔で恵方巻きをほおばる参加者の皆さん(2018年2月2日撮影)


参加者は5~10分かけて黙々と完食した後、手締めでお開きとなった。早々に食べ終えた男性は「通りがかったら募集していたので、参加しました。太巻きは好きで、(食べた恵方巻も)おいしかったです」と、笑顔で語った。
 

節分に恵方巻きを食べるのはなぜ?

節分(2018年は2月3日)に、その年の恵方を向いて、願い事をしながら恵方巻きを1本丸ごと黙々と食べ尽くすと「縁起が良い」「願い事がかなう」とされる。

地下1階 古市庵「うず潮巻(ハーフ672円、1本1344円)」※撮影用に特別にカットしたもの(画像提供:横浜タカシマヤ)
地下1階 古市庵「うず潮巻(ハーフ672円、1本1344円)」※撮影用に特別にカットしたもの(画像提供:横浜タカシマヤ)

横浜タカシマヤの青木和宏店長は「地下1階の各売場では、25ブランド約70種類の恵方巻きを販売し、節分行事を盛り上げてまいります。明日2月3日の節分には、健康を願って恵方巻きを召し上がりながら、楽しんでいただければ」と話す。

URL:横浜タカシマヤ

【関連記事】
恵方巻きの由来と2018年の方角
Little Glee Monsterが高島屋とコラボ!バレンタインのショコラ監修
シウマイからスイーツまで!横浜の変わり恵方巻き【2018年】