新ビタミンC美容液「キールズDSライン コンセントレート 12.5C」発売

2018年1月12日、皮膚科医の協力を得て開発しているキールズ「皮膚科学スキンケア(DSライン)」から、2種類のビタミンCとヒアルロン酸を配合することでパワーアップした、高濃度ビタミンC美容液「キールズDSライン コンセントレート 12.5C」が発売されました

パワーアップした「キールズDSライン コンセントレート  12.5C」が登場!

皮膚科医の協力を得て開発しているキールズ「皮膚科学スキンケア(DSライン)」から、2005年に「キールズDSライン コンセントレート PS10.5C」が誕生し、キールズのベストセラー製品になっているのだそう。
 

この人気美容液が、89回もの試作を重ねてパワーアップし、2018年1月12日、「キールズDSライン コンセントレート 12.5C」として発売されました。
 

ビタミンCの配合量を約20%増量し、12.5%配合。毛穴の開き、小ジワ、ハリなど、多くの女性が抱える肌の悩みに集中的にアプローチするといいます。
 

2種類のビタミンCそれぞれの働きに注目

「キールズDSライン コンセントレート 12.5C」は、従来の製品に配合されている10.5%のピュア・ビタミンC(アスコルビン酸)に加え、新たにビタミンC誘導体(アスコルビルグルコシド)を2.5%配合。ピュア・ビタミンCが肌に塗った瞬間にスッとなじむだけでなく、ビタミンC誘導体が安定したビタミンCをより持続的に浸透させるのだとか。
 

また、従来通り水を使わず、ビタミンCが劣化しにくい処方を取り入れることで、安定したビタミンCの作用を実現しているそう。
 

さらに、ヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸)も配合。うるおいで満たされることで、ふっくらとなめらか、つるんとした肌に導いてくれます。
 

<製品概要>

エッセンシャルオイル由来であるシトラス系の香りなので、気分もリフレッシュ
  • 製品名:キールズDSライン コンセントレート 12.5C
  • 価格:8800円(税抜)
  • 内容量:50mL
  • 使用方法:朝晩の洗顔後、化粧水の後に2~3プッシュを肌全体になじませます

 

■キールズについて

キールズは、1851年にニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として創業したスキンケアブランド。現在は世界中にショップを展開し、厳選した天然由来成分と、創業以来受け継がれてきた科学、薬学、ハーブの知識をもとに、効果と安全性を追求したスキンケア、ボディケア、ヘアケア製品を提供している。
 

記事・動画協力:ルトロン 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは