E-Gripシリーズに2製品が追加、合計5製品で日本市場に攻勢をかける

新製品発表
新製品発表会。All Aboutからはガイドの矢田部明子氏が参加

日本グッドイヤー株式会社は、プレミアムセグメント向けの新製品「EfficientGrip Comfort」と「EfficientGrip Performance SUV」の2種類の発表会と試乗会を、2018年1月16日(火)と17日(水)の2日間に渡って報道陣に向けて行った。追加された新製品は、EfficientGripシリーズ(E-Gripシリーズ)という、コンフォートカテゴリー(快適性能が追求された製品群)の低燃費タイヤブランドとなる。
 

EfficientGrip Comfortは同社の乗用車用タイヤの中でもミドルハイクラスの製品。同クラスの従来製品と比べてより快適性を重視した製品開発が行われ、全体的な性能向上を果たした。特にノイズが大きく削減され、同社製品の中でもトップクラスの静粛性を実現している。全51サイズが用意される。価格はオープン。
 

EfficientGrip Performance SUVはオンロードSUVタイヤとなる。同社はこれまで、オンロード走行向けのSUVタイヤに「EfficientGrip SUV HP01」という製品をラインナップしていたが、こちらの上位製品となる。人気が上昇しつづけているSUV市場に、高い静粛性と乗り心地で勝負する。こちらは全25サイズが用意され、同じく価格はオープンとなる。
 

雨の中の試乗会。報道陣は市場で旧製品との違いを体験

試乗会
EfficientGrip Performance SUVを搭載した試乗車、LEXUS RX450h

All About編集部は17日(水)の試乗会に参加。様々な路面環境が用意された試験場にて、報道陣は用意された旧製品と新製品の2種類を履いた試乗車に乗り込み、違いを体感していった。雨がふっていたため、ノイズの削減具合などの静粛性が体感しづらいコンディションだったが、性能の違いを体感できた人は多かったようだ。
 

試乗後は、開発陣と報道陣の間で意見交換会が行われた。開発陣は報道陣の感想や意見を積極的に収集していた。新製品の評価は開発者にとって気になる部分であろうし、既に新タイヤの開発はスタートしているためそれに活かしたいということだろう。

インタビュー
インタビューに快く応じてくれた、日本グッドイヤーの中島氏。新製品は最終的に氏が品質チェックを行い、合格してはじめて販売される

All Aboutからはガイドの矢田部明子氏が参加し、新製品の性能を体感した。後日ガイド記事にてインプレッションを掲載予定だ。また、タイヤに詳しくない人向けのタイヤの選び方を日本グッドイヤーの中島希光氏(パフォーマンステストドライバー・エンジニア)にインタビューしたので、こちらも後日ガイド記事にて掲載する予定。
 

「EfficientGrip Comfort」及び「EfficientGrip Performance SUV」は、2018年2月1日より発売が開始される。