次期レクサスRXか?「レクサス LF-1 Limitless」を世界初公開

2018年1月14日のプレスデーを皮切りに開催されているから「北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2018」において、レクサスがクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」をワールドプレミアした。どんなクルマなのだろうか?

北米国際自動車ショーは次期モデルの見本市

2018年1月14日のプレスデーを皮切りに開催されているから「北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2018」において、レクサスがクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」をワールドプレミアした。
 

デトロイトモーターショーは、近年自動車業界でも存在感を増している世界最大級の家電見本市「CES」の後に開催されることもあり、各自動車メーカーのトップが「CES」でブリーフィングを行う傾向がある。
 

それでも、モーターショーのトップを飾るデトロイトモーターショーでは、多数のコンセプトカーが出展するなど、次期モデルの見本市としての地位は健在だ。
 

外観
外観では日本刀からインスピレーションを受け、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかなデザインを採用したという

さて、レクサスが世界初公開したフラッグシップ・クロスオーバーSUVという位置づけの「Lexus LF-1 Limitless」は、世界的に人気が高まっている高級SUV市場の先駆者(トヨタ・ハリアーやレクサスRX)として、多様化するニーズやライフスタイルに対し、新しいラグジュアリーの方向性を提案するとしている。
 

バック
サイズは全長5014×全幅1986×全高1605mm

 

PHV、EVなど多彩なパワートレーンを想定

レクサスでは2025年頃までに、グローバルに展開する全てのモデルを電動専用車、電動グレード設定車とすることを見据えていて、「Lexus LF-1 Limitless」は従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加えて、プラグインハイブリッド(PHV)、さらには電気(EV)や燃料電池(FCV)を含めたパワートレーンの搭載を想定しているという。
 

内装
内装はジェスチャーコントローラーや直感的なディスプレイ表示など、最先端のインターフェイスを採用

また、「Lexus LF-1 Limitless」はデザインだけでなく、自動運転技術を搭載するコンセプトカーという点で技術面の提案も注目に値する。
 

自動運転では、GMが先日、世界初と見込まれる2019年にレベル4(完全自動運転のレベル)を目指すと発表したが、「Lexus LF-1 Limitless」では、目的地までの運転操作を車両側が担うショーファーモードを搭載。
 

ナビに時間の概念を導入し、車両や交通の状況に応じた判断により、休憩やレストランの提案、ホテルの予約などを可能とした4Dナビゲーションシステムを搭載するという。単なる自動運転ではなく、より快適なVIPのための快適な移動手段を目指しているといっていいだろう。

内装

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応