ミスタードーナツが鎧塚俊彦シェフと開発!『ショコラコレクション』

ミスタードーナツは、1月11日から、鎧塚俊彦シェフと共同開発した『ショコラコレクション』を期間限定で販売。鎧塚シェフがスイーツをつくる上で大切にしているという、“ライブ感”と“素材”にこだわった新商品6種を紹介。

鎧塚シェフと開発したショコラドーナツ6種を期間限定で販売


ミスタードーナツは、1月11日から、鎧塚 俊彦シェフと共同開発した『ショコラコレクション』6種を期間限定で販売。
 

鎧塚シェフの「よりおいしいものを召し上がっていただきたい」、「スイーツを通じて幸せを提供したい」という考えと、ミスタードーナツの想いやドーナツづくりの姿勢が共鳴したことにより共同開発に至ったといいます。
 

こだわりは“ライブ感”と“素材”


『ショコラコレクション』は、鎧塚シェフがスイーツをつくる上で大切にしているという、“ライブ感”と“素材”にこだわって開発したのだそう。
 

「クロワッサンドーナツショコラ」は、“ライブ感”を感じられる、できたてのようなサクサクとした食感。それをより感じさせるため、クロワッサンドーナツの製造工程を見直し、生地にトッピングする素材もサクサクとした食感が楽しめる素材を採用したのだとか。
 

「シューショコラ」は、デコレーションに使用するチョコレートの原料のひとつ“カカオ豆”を酸味が少なくミルクとの相性のよいベトナム産カカオ豆に。幅広いお客様に楽しんでもらえるようにと“素材”にこだわり、まろやかな味わいのミルク風味のチョコレート仕上げたといいます。
 

新商品「ショコラコレクション」商品概要

  • クロワッサンドーナツショコラ トーステッドココナツ(194円)

フライしたココア風味のクロワッサン生地にビターキャラメルクリームをサンドし、表面をグレーズでコーティング。ココナツをトッピングしてオーブンで焼き上げ、サクサクとした食感に。
 

  • シューショコラ ダブルショコラ(183円)

ふんわりとしたココア風味のシュー生地にサンドしたのは、フレークチョコを混ぜたビターショコラホイップ。ベトナム産カカオ豆を使用したミルク風味チョコレート(※1)をコーティングし、フレークチョコ(※2)をトッピング。
 

  • チュロショコラ ローズフレーバー(151円)

ココア風味のチュロ生地をハート形に成形し、ローズフレーバーのグレーズをコーティング。ホワイトチョコとストロベリークランチでデコレーションしています。
 

※1:ミルク風味チョコレートにはベトナム産カカオ豆を4%使用。
※2:フレークチョコにはベトナム産カカオ豆を70%使用。
 

<その他新商品リスト>

  • クロワッサンドーナツショコラ アーモンドキャラメリゼ(194円)
  • シューショコラ オレンジ(183円)
  • シューショコラ アーモンド(183円)

※価格はすべて税込価格

<販売期間> 1月11日~2月下旬(順次販売終了予定)

<対象ショップ> ミスタードーナツ全店(一部ショップ除く)
 

<鎧塚 俊彦(よろいづか としひこ)氏 プロフィール>

京都府生まれ。関西のホテルで修業後、海外に渡り8年間修業。ヨーロッパで日本人初の三ツ星レストランシェフパティシエを務めた後、帰国。2004年、できたてのスイーツを提供する「Toshi Yoroizuka」を恵比寿にオープンし、現在4店舗を展開。また、世界初となる畑からの一貫した自社生産のショコラづくりを目指し、南米エクアドルにカカオ農園を開設。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても