行列店『Cheese Cheers Cafe 』の2号店が恵比寿にオープン!

10種類以上のチーズを使った料理とワインが楽しめる『Cheese Cheers Cafe(チーズチーズカフェ)』の2号店が、昨年12月19日、恵比寿にオープン。人気の「ラクレットチーズ」やヘルシーな「グラスフェッドビーフ」、「チーズフォンデュ」などが味わえます。

恵比寿の街に合わせたちょっとオトナの『Cheese Cheers Cafe 恵比寿』

10種類以上のチーズを使った料理とワインを提供する『Cheese Cheers Cafe(チーズチーズカフェ)』の2号店が、昨年12月19日、渋谷区恵比寿にオープンしました。
 

2016年9月にオープンした『Cheese Cheers Cafe 渋谷』は、今や行列店に。その2号店は恵比寿駅徒歩1分。恵比寿の街に合わせ、少しオトナの『Cheese Cheers Cafe 恵比寿』は、チーズ料理はもちろんのこと、ワインや肉料理のラインアップを充実させたといいます。ブラウンの木目を基調とした店内も、渋谷店に比べて落ちついた雰囲気。カジュアルにワイワイ楽しめるオープンスペースと、デートや女子会に最適な個室があるのも嬉しい限りです。
 

やっぱり一番人気はとろ~りとろける「ラクレットチーズ」

ラクレットチーズは、ハードチーズながらも柔らかな食感が特徴。火を入れることで、ナッツのような香りと濃厚な味わいに変わるのだそう。
 

使用するのは、花畑牧場から仕入れた国産の上質なラクレットチーズのみ。オーダーされてからチーズの断面を専用のオーブンで温め、表面が香ばしく中がトロリとなったところでハンバーグやソーセージ、ジャガイモなどに絡めて食べる、シンプルにチーズの味を楽しめる料理です。 お好みで3つのメニューから選べるのも魅力。
 

<商品情報>

  • ラクレットチーズのグリルプレート
    1)超粗挽きソーセージ&ハッセルバックポテト  ¥1720
    2)旬の彩り温野菜&厚切りベーコン  ¥1720
    3)恵比寿店限定 100%ビーフの肉バーガー  ¥1990
  • 追加ラクレット(100g)  +¥850  
    ※全て税抜価格

    

ヘルシーな「グラスフェッドビーフ」はチーズと合わせるのがおすすめ

ミートラバーが今注目のグラスフェッドビーフ。オーストラリアの大自然の中で、牧草を食べて育った牧草牛(グラスフェッドビーフ)は、脂身が少なく、脂を燃やす脂「CLA」や「鉄分」、「DHA・EPA」などの栄養素を多く含んでいるといいます。
 

お店のおすすめは、「グラスフェッドビーフ(牧草牛)×ラクレットチーズ」の組み合わせ。単にステーキとして味わうだけでなく、濃厚なラクレットチーズをステーキにかけるとさらに絶品だとか。チーズも牛肉も低糖質なので、ダイエットにも効果的!
 

<商品情報>

  • Glass Fed Beef グラスフェッドビーフ(牧草牛)※恵比寿限定メニュー 300グラム ¥2990(税抜)

  

特製チーズフォンデュも4種類から選べます

寒い冬に食べたくなるチーズフォンデュを『Cheese Cheers Cafe 恵比寿』限定にアレンジ。スタンダードなチーズフォンデュに加えて、3種の変わったチーズソースが楽しめます。爽やかなフレッシュバジルとチーズの緑のフォンデュ、風味豊かなイカスミとガーリックの効いた黒フォンデュ、チーズソースにトリュフをトッピングした贅沢なトリュフフォンデュを、お好みで選んで味わってみませんか?
 

<商品情報>

【恵比寿限定メニュー】

  • 特製フォンデュセット  ¥1490
  • フレッシュバジルの緑フォンデュセット  ¥1490
  • 香り豊かなイカスミ黒フォンデュセット  ¥1690
  • 数量限定!贅沢トリュフフォンデュセット  ¥1890


<その他商品情報>

  • とろけるブッラータ  ¥1590
  • グラナ・パダーノチーズの贅沢リゾット  ¥1490

※全て税抜価格


<店舗概要>

Cheese Cheers Cafe 恵比寿 (チーズチーズカフェ エビス)

  • 所在地   東京都渋谷区恵比寿西1-7-3 恵比寿GOURMANDビル6F
  • 電話番号  03-6809-0522
  • 席数    80席
  • 営業時間  月~金 17:00~23:00
          土日祝 ランチ12:00~15:00/ディナー17:00~23:00
  • 定休日   年中無休(年末年始12月31日~翌1月3日を除く)

 

記事・動画協力:ルトロン 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望