日本一早い梅日本一遅い紅葉が楽しめることをウリにしている「熱海梅園」で開催されている「熱海梅園もみじまつり」は、今週末、123日(日)が最終日だ。

 

「熱海梅園」の紅葉
「熱海梅園」の紅葉

 

もみじまつり開催中、園内では無料で楽しめる足湯やライトアップ、休日にはジャズの演奏等が行われている。121日、紅葉の様子を取材してきた。

 

紅葉は盛りをやや過ぎた感じか

「熱海梅園」へは、JR伊東線の来宮駅から徒歩10分ほど。入口ゲートの向こうに、鮮やかに色づいた木々が見える。梅園といっても、滝が落ち、渓流が流れるなど、まるで山奥にでも遊びに来たような雰囲気だ。

 

梅園の中には渓流も流れる
梅園の中には渓流も流れる

 

380本ほどあるという楓(カエデ)類は、ちょうど見頃を迎えている木と、やや見頃を過ぎた木があった。年によっては、11月には早咲きの梅が咲き始め、紅葉と梅が同時に楽しめるというが、今年は、梅の開花は少し先のようで、蕾を固く閉ざしていた。

 

順路に従い、園内を一周するのに、歩くだけなら30分ほど。途中、滝の裏側を通る通路では、流れ落ちる滝の水越しに紅葉を眺めるという、珍しい体験ができた。

 

「梅見の滝」の裏側から紅葉を眺める
「梅見の滝」の裏側から紅葉を眺める

 

また、園内奥の「韓国庭園」付近に設置された足湯では、足をポカポカ温めながら、紅葉を楽しめた。

 

無料で楽しめる足湯
無料で楽しめる足湯

 

足湯は、「もみじまつり」と「梅まつり」の期間限定で、料金は無料。10:0016:00まで営業している。

 

ライトアップは16:30に開始。いくら温暖な気候の熱海とはいえ、夕暮れ後は、かなり冷え込むので、防寒対策は必要だ。

 

ライトアップに浮かび上がる紅葉
ライトアップに浮かび上がる紅葉

 

なお、「もみじまつり」終了後、12月4日以降も、梅園への入場は可能。最盛期は過ぎたとはいえ、もう少しの間は、紅葉を見られそうだ。

 

DATA
熱海梅園

住所:静岡県熱海市梅園町8-11

アクセス:JR伊東線「来宮」駅徒歩約10分、またはJR熱海駅から「相の原団地」行きバスで「梅園」下車徒歩1分

地図:あたみニュース(熱海市観光協会)