ギネス認定の光と音のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」

香港の夜を彩る光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」。2004年から毎日欠かさず続けられ、「世界で最も長期間継続されている、大規模な世界最大の光と音のショー」としてギネスブックに認定されているこの名物ショーが、2017年12月1日よりバージョンアップしました。
 

新バージョンは、ビクトリア・ハーバーを挟み香港島と九龍半島にある40のビルや施設が参加。香港らしいビビットなサーチライトやレーザービームが、軽快な音楽に合わせて動きます。

シンフォニーオブライツ
レーザービームの数も増え、よりカラフルでドラマチックになった「シンフォニー・オブ・ライツ」<写真提供:香港政府観光局>

 

LEDパネルや音楽、アプリなど初の試みに注目

今回初の試みとなるのが、ビクトリア・ハーバー沿いのビルの壁面に、LEDパネルによるインタラクティブ画像やメッセージが映し出されるというもの。また、アジア屈指のクラシックオーケストラである香港フィルハーモニー管弦楽団による音楽にも注目です。
 

今まではショーの音楽が聴こえるのは九龍半島先端の尖沙咀(チムサーチョイ)の香港文化センター外のウォーターフロントか、香港島の湾仔(ワンチャイ)にあるゴールデン・バウヒニア・スクエアだけでしたが、モバイルアプリ「A Symphonny of Lights」をダウンロードすればスマホから音楽を聴けるようになり、より広い範囲で楽しめるようになりました。アプリには、ショーの情報が掲載されているほか、SNSへの写真投稿機能もあるので、ぜひ活用してくださいね。

HARCOURT
新たな試みとなるLEDパネルに映し出される画像やメッセージに注目して<写真提供:香港政府観光局>


<DATA>
■A Symphony of Lights
開催時間:毎晩20:00~20:10
※台風警報シグナル3以上発令時は中止


<関連リンク>