クラブラウンジって何?

クラブラウンジとは、高層階などワンランク上の客室「クラブフロア」の宿泊者専用ラウンジのこと。多少客室が割高でもそれ以上の快適さがありコスパは抜群。最近は力をいれるホテルが増え、インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツでも、世界規模でサービスを強化。今回はその実力を確かめるべく「インターコンチネンタルホテル大阪」へ。クラブラウンジの特典をトコトン利用しておこもりステイ、ビジネスでもレジャーでも楽しめる魅力に迫ります。

ラウンジ
特別感漂うクラブラウンジ(インターコンチネンタルホテル大阪)

 

最初に―クラブフロアとレギュラールーム価格差は?

「インターコンチネンタルホテル大阪」は、大阪で今一番ホットなグランフロント大阪北館に位置するラグジュアリーホテル。はじめに客室の価格をチェックしておきましょう。

  • 9月の平日(9/19基準)に2名一室、7日以上前の早期予約(15%off)で予約する場合
  • レギュラールーム(21-26F):1室(2名利用朝食付き):35,626円
  • クラブルーム(27-28F)  :1室(2名利用ラウンジでの朝食サービスあり): 43,376円

  注意:価格は8月19日現在のもの。料金は日々変動します。
 

差は2名で7,750円(一人当たりの差は3,875円)。階層をのぞいては、広さ(約50平米)、眺望は、ほぼ同じ条件での比較になります。これでどれくらい楽しめるか早速チェック!

約50平米ある客室
約50平米あるスタイリッシュな客室。窓際にはデイベッドもあり寛げる

 

14:30 ちょっと早めにチェックイン、アフタヌーンティーを満喫

宿泊前日にコンシェルジュからメールがあり「チェックインは28階のクラブインターコンチネンタル専用ラウンジへ(以下クラブラウンジ)直接どうぞ」とのこと。宿泊前後のメールもクラブフロアならではのおもてなし。ホテルに到着し、淀川のゆったりとした流れを一望するクラブラウンジへと向かいます。
 

チェックインは15:00からですが、14:30から最初のサービス「アフタヌーンティー」が始まるため、少し早めに訪れました。運ばれてきたのは驚くことに3段重ねの本格的なアフタヌーンティー。

アフタヌーンティ-
これぞアフタヌーンティーという3段重ねで登場

サンドイッチやラップロール、今回はスコーンやスイーツはプラムがテーマ。お茶はTWG Teaの紅茶各種、カフェラテなどの珈琲、ジュース等、ラウンジがオープンしている7:00-22:00の間は自由に頂けて、これだけでも夢心地。

ケーキ
リピーターが多く定期的にアフタヌーンティーの内容も変わるというから驚き

 

17:30 カクテルタイムは料理も充実。夜景も楽しめる

17:30-19:30はイブニングカクテル。カクテルやシャンパン、ワインなど豊富なアルコール類が無料となります。セルフサービスのラウンジが多い中、インターコンチネンタルホテル大阪では、オーダーをとりサーブしてくれるスタイル。

カクテルタイム
まずは、アペタイザーとシャンパンで乾杯♪

本来は食事前のひと時を過ごす時間なのですが、おつまみとしてチーズやフルーツ、各種アペタイザー、パン、そして温かい料理も好みのものを1品オーダーでき、夕食としても飲みながらなら十分なボリューム。

温かい料理
温かい料理「帆立貝柱のソテー レモンバター」。ステーキやスモークダックなどもあり気分にあわせてチョイス

 

21:00 インターコンチネンタルホテル大阪はプールや日本式浴場も楽しめる    

インターコンチネンタルホテル大阪には、プール、フィットネス、そしてサウナ併設の日本式浴場があり、こちらはクラブフロアに限らず宿泊者であれば無料で利用OK。就寝前や朝のお目覚め時に利用してみてはいかが?水着やウェア、靴なども無料で貸し出しがあるので手ぶらで楽しめます。 

日本式バス
ホテルにはサウナを併設した日本式浴場があるのも驚き


クラブラウンジは、19:30-22:00は食後酒を用意したナイトキャップの時間。食事へ出られた方も戻り、就寝前に寛ぐ姿が見受けられます。 

ナイトキャップ
一日の終わりは食後酒で

 

10:30 ゆっくり目覚めて朝食タイム、そのままチェックアウト

朝食は7:00-11:00。チェックアウトは11:00なので、プールでひと泳ぎして荷物をまとめてからラウンジへと向かいました。ブランチとして朝食を頂いている間にチェックアウトの手続きもスムーズに完了。

プール
朝7:00から営業する本格的なプール。水着も貸出しがあるので思い立ったら利用できる


朝食はセミバイキングで、メインは和食の弁当やおかゆ、エッグベネディクト、パンケーキ、ステーキなどから1品チョイス。ビュッフェボードにはフルーツやサラダ、パン、デザートなどがあり自由に頂けます。

朝食
朝食メニューも豊富。どれにしようか迷うほど

存分に朝食も満喫し、ホテルを後にしたのは、なんと12:00。21時間以上、ホテルでお籠りステイを楽しみ大満足。
 

会議室1時間無料、ラウンジへはゲスト同伴も可能!

他にもインターコンチネンタルホテル大阪では、クラブフロアの特典として、ラウンジに併設されている会議室利用など、下記の特典があります。またクラブラウンジには、宿泊者の他にゲスト2名まで同伴がOKで、条件により1名は無料で招待できるというのも意外と知られていないポイント。仕事の打合せをしたり、友人を招いてアフタヌーンティーやカクテルタイムを楽しむこともできるんです。

ラウンジ
仕事でもプライベートでも使えるラウンジ

いかがですか?クラブラウンジは、使い始めると病み付きになる心地よさ。未体験の方は、ぜひ次回チャレンジしてみてくださいね。

 

インターコンチネンタルホテル大阪

<DATA>
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3番60号
TEL:06-6374-5700
HP:https://www.icosaka.com/

<クラブフロア特典>

  • クラブラウンジの利用
  • ホテル内のWi-Fi高速インターネットサービス無料
  • 大阪市内への通話無料サービス
  • 2点まで無料プレス
  • クラブラウンジ内の会議室1時間無料

※上記はインターコンチネンタルホテル大阪のものです。各ホテルによって特典や同伴の可不可は異なります。

部屋
客室のデスク周り。和の雰囲気もありスタイリッシュ