放送開始50年を迎えた『ウルトラセブン』を振り返る展示イベント

1967年のテレビ放送開始以来、世代を超えて絶大な人気を誇る『ウルトラセブン』。その魅力に迫る展示イベント『ウルトラセブン放送開始50年記念~モロボシ・ダンの名をかりて~』が横浜タカシマヤ(横浜市西区)で2017年8月16日から始まった。
 

名シーンを再現した巨大ジオラマ、宇宙人や怪獣、ウルトラ警備隊のメカニックなどが展示されており、主人公であるモロボシ・ダンが地球で生きた様子を追体験しながら、ドラマの魅力を感じられる構成となっている。横浜タカシマヤギャラリー(8階)にて、会期は8月28日まで。(写真はすべて記者内覧会にて撮影、通常時は撮影禁止<一部撮影可>©円谷プロ)

初日にはモロボシ・ダン役の俳優・森次晃嗣さん(左)が来場。横浜タカシマヤ 青木和宏店長(右)がウルトラ警備隊のコスプレで迎えた(2017年8月16日撮影)
初日にはモロボシ・ダン役の俳優・森次晃嗣さん(左)が来場。横浜タカシマヤ 青木和宏店長(右)がウルトラ警備隊のコスプレで迎えた(2017年8月16日撮影)

 

印象に残っているのは「メトロン星人」と「エレキング」

初日となった16日、主人公のモロボシ・ダンを演じた俳優の森次晃嗣さんが来場し、記者会見に応じた。「印象に残っている星人は?」と伺うと、ファンの間で“神回”として挙げられる第8話『狙われた街』に登場した「メトロン星人」と即答。ダンとメトロン星人がちゃぶ台をはさんで語り合うシーンは、川崎市内のアパートの一室で撮影されたという。「現場では『何なんだ? このシーンは』と思いました。まさかそれが皆さんの心に残る名シーンになるとは……」と当時を振り返った。

第8話『狙われた街』に登場した「夕日の決闘」の巨大ジオラマ。森次さんが最も印象に残ったというメトロン星人とウルトラセブンが闘うシーンが再現されている(2017年8月16日撮影)
第8話『狙われた街』に登場した「夕日の決闘」の巨大ジオラマ。森次さんが最も印象に残ったというメトロン星人とウルトラセブンが闘うシーンが再現されている(2017年8月16日撮影)

もうひとつ印象に残っている怪獣として「エレキング」を挙げた森次さん。実は撮影のスタートは第1話ではなく、第3話『湖の秘密』から始まったそうで、「一番最初に遭遇した怪獣だったのでよく覚えています」と語った。

森次さんが最初に遭遇した怪獣、第3話『湖のひみつ』に登場したエレキング(右)。左はエレキングを操るピット星人(2017年8月16日撮影)
森次さんが最初に遭遇した怪獣、第3話『湖のひみつ』に登場したエレキング(右)。左はエレキングを操るピット星人(2017年8月16日撮影)

また、今年1月から、テレビ神奈川(tvk)で『ウルトラセブン』が再放送(毎週日曜日22:30~)されていることについて、「『デュワ!』『ダァー!』などウルトラセブンが発するのは私の声なんです。半日かけてアフレコしたことを思い出します。懐かしくて観ている方も多いと思いますが、一層若いファンも増えるはず。ぜひ最終回までご覧ください」と、コメントした。
 

記憶に残る名シーンを再現した、圧巻のジオラマ展示

展示は8部構成となっている。エントランス前では、ウルトラセブンが地球に飛来する様子を再現。ウルトラ警備隊の秘密基地やメカが紹介されているほか、アンヌ隊員の視点から宇宙人や怪獣たちを攻略法を解き明かす「姿なき挑戦者~アンヌが語る宇宙人の策略~」、ウルトラマンレオなど「セブン」以外のウルトラシリーズに登場する「その後のモロボシ・ダン」にも触れている。

入口を入ると、ウルトラセブンと3体のカプセル怪獣がお出迎え(2017年8月16日撮影)
入口を入ると、ウルトラセブンと3体のカプセル怪獣がお出迎え(2017年8月16日撮影)

ウルトラ警備隊が乗車する「ポインター」(2017年8月16日撮影)
ウルトラ警備隊が乗車する「ポインター」(2017年8月16日撮影)

ウルトラ警備隊の秘密基地やメカがジオラマで再現されたコーナー。画像は「ウルトラホーク3号」(2017年8月16日撮影)
ウルトラ警備隊の秘密基地やメカがジオラマで再現されたコーナー。画像は「ウルトラホーク3号」(2017年8月16日撮影)

第6話『ダーク・ゾーン』に登場したアンヌ隊員の部屋とペガッサ星人(2017年8月16日撮影)
第6話『ダーク・ゾーン』に登場したアンヌ隊員の部屋とペガッサ星人(2017年8月16日撮影)
第14話・15話『ウルトラ警備隊西へ』に登場するキングジョーと闘うウルトラセブン。人気が高いエピソードのひとつ(2017年8月16日撮影)
第14話・15話『ウルトラ警備隊西へ』に登場するキングジョーと闘うウルトラセブン。人気が高いエピソードのひとつ(2017年8月16日撮影)

最大の見どころは、数々のジオラマ展示。冒頭で紹介した第8話「狙われた街」の夕日の決闘シーンを再現したほか、「盗まれたウルトラアイ」や「ウルトラ警備隊西へ」「ノンマルトの使者」などの名シーンがジオラマで蘇る。最終回ジオラマ再現「史上最大の侵略」では、大画面での映像も見ることができる。
 

ファン垂涎のグッズがそろう「ウルトラショップ」開設

展示会場を出たところにある「ウルトラショップ」には、公式ブック、クリアファイル、小皿、名言Tシャツなど同イベント限定販売グッズをはじめ、ウルトラ関連グッズがそろう。また、1階特設会場には円谷プロダクションとフィールズが共同で展開するコンセプチュアル・ライセンスブランド「A MAN of ULTRA」のポップアップ・ショップが2週間限定(8月29日まで)でオープンしている。

公式ブック、クリアファイル、小皿、名言Tシャツなど同イベント限定販売グッズをはじめ、ウルトラ関連グッズがそろう「ウルトラショップ」(8階)(2017年8月16日撮影)
ウルトラ関連グッズがそろう「ウルトラショップ」(8階)(2017年8月16日撮影)
円谷プロダクションとフィールズが共同で展開するコンセプチュアル・ライセンスブランド「A MAN of ULTRA」のポップアップ・ショップが1階特設会場に2週間限定(8月29日まで)でオープン(2017年8月16日撮影)
コンセプチュアル・ライセンスブランド「A MAN of ULTRA」ポップアップ・ショップ(1階)(2017年8月16日撮影)
1階正面入口には撮影スポットが登場。画像は「アイスラッガー(=ウルトラセブンの頭部についている武器)」のオブジェ(2017年8月16日撮影)
1階正面入口には撮影スポットが登場。画像は「アイスラッガー(=ウルトラセブンの頭部についている武器)」のオブジェ(2017年8月16日撮影)
「夕日の決闘」の巨大ジオラマに使われた背景原画の前で青木店長と広報担当。「この原画は背景美術の第一人者・島倉二十六(ふちむ)さんが同イベントのために描き下ろしたもの」とPR(2017年8月16日撮影)
「夕日の決闘」の巨大ジオラマに使われた背景原画の前で青木店長と広報担当。「この原画は背景美術の第一人者・島倉二十六(ふちむ)さんが同イベントのために描き下ろしたもの」とPR(2017年8月16日撮影)

©円谷プロ


同イベントに関連する「開催記念トークショー」「ウルトラヒーロー握手&撮影会」「スタンプラリー」なども行われる。くわしくは同イベント公式サイトにて。
 

  • ウルトラセブン放送開始50 年記念~モロボシ・ダンの名をかりて~

期間:2017年8月16日(水)~8月28日(月)
場所:横浜タカシマヤギャラリー(8階)
入場時間:10:00~19:30(20:00閉場) ※最終日は17:30まで(18:00閉場)
入場料:一般800 円、大学・高校生600 円、中学生以下無料

URL:ウルトラセブン展

URL:横浜タカシマヤ