昨年よりもスケールアップ! 1500匹超のピカチュウがみなとみらいに

「ピカチュウのおさんぽ」は8月15日まで1日数回、不定期で開催(2017年8月9日撮影)
「ピカチュウのおさんぽ」は8月15日まで1日数回、不定期で開催(2017年8月9日撮影)

延べ1500匹超のピカチュウが大量発生する街型イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」が2017年8月9日から横浜・みなとみらい21地区周辺で始まった。今年で4年目を迎える人気イベントで、同エリア内の各所で無料のショーやパレードなどが楽しめる。15日まで。

 

日本初となる「Pokémon GO PARK」にはトレーナーが大量発生

日本で初めて設置された「Pokémon GO PARK」は横浜赤レンガ倉庫イベント広場(画像)とカップヌードルミュージアムパークの2ヵ所(2017年8月9日撮影)
日本で初めて設置された「Pokémon GO PARK」は横浜赤レンガ倉庫イベント広場(画像)とカップヌードルミュージアムパークの2ヵ所(2017年8月9日撮影)

今年、日本で初めて登場した「Pokémon GO PARK」には、初日の午前中から多くの“トレーナー”が訪れた。 赤レンガパークを「カントーパーク」、カップヌードルミュージアムパーク を「ジョウトパーク」として、スマートフォン向け位置情報ゲームアプリ 「Pokémon GO」をより安全に楽しくプレイできる場所となっている。普段日本国内にいないポケモン「バリヤード」をはじめ、レアポケモンが多数現れるということで、トレーナーと呼ばれるゲームプレイヤーが大量発生チュウ。イベント限定フリーWi-Fiスポットも開放されるので、通信費を気にせずゲームに没頭できそう(SSID:.Pokemon_pikachu)。周囲の安全に注意しながら、スマートフォンを操作しよう。時間は10:00~18:00。

パーク内に設置されている“リアル”ジムと“リアル”ポケストップ。それぞれのオブジェのある場所には、『Pokémon GO』ゲーム内にもポケストップ、ジムが登場する(2017年8月9日撮影)

パーク内に設置されている“リアル”ジムと“リアル”ポケストップ。それぞれのオブジェのある場所には、『Pokémon GO』ゲーム内にもポケストップ、ジムが登場する(2017年8月9日撮影)
パーク内に設置されている“リアル”ジムと“リアル”ポケストップ。それぞれのオブジェのある場所には『Pokémon GO』ゲーム内にもポケストップ、ジムが登場する(2017年8月9日撮影)

 

船に乗ってピカチュウがごあいさつ、空には飛行船も

ピカチュウのグリーティング船のようす。鳴き声を発しながら日本丸メモリアルパーク~カップヌードルミュージアムパーク間を往復する。予想以上に高速で移動していくようすがシュール(2017年8月9日撮影)
ピカチュウのグリーティング船のようす。鳴き声を発しながら日本丸メモリアルパーク~カップヌードルミュージアムパーク間を往復する。予想以上に高速で移動していくようすがシュール(2017年8月9日撮影)

「今年のピカチュウは海をゆく! 空をとぶ!」というイベントのキャッチフレーズの通り、今回初めて、 長さ17mの飛行船とピカチュウのグリーティング船が登場。

日本丸メモリアルパークではピカチュウたちが乗船、下船するところも見ることができる。出航時間は11:00~、12:30~、15:00~、16:30~(予定)(2017年8月9日撮影)
日本丸メモリアルパークではピカチュウたちが乗船、下船するところも見ることができる。出航時間は11:00~、12:30~、15:00~、16:30~(予定)(2017年8月9日撮影)

「ピカチュウ船上グリーティング」の時間は11:00~、12:30~、15:00~、16:30~(8月14日は11:00~、12:30~のみ)。航行エリアは、日本丸メモリアルパーク~カップヌードルミュージアムパーク間の海上となっている(変更する場合もあり)。日本丸メモリアルパークでは、ピカチュウたちが乗船、下船するようすも見ることができる。よこはまコスモワールド内の大観覧車「コスモクロック21」のふもと近辺がおすすめ観覧スポット。

「飛行船ピカチュウ」は新港中央広場に係留されており、間近に見ることができる。10:00~、12:00~、15:00~に飛び立つ(天候によって変更あり)(2017年8月9日撮影)
「飛行船ピカチュウ」は新港中央広場に係留されており、間近に見ることができる。10:00~、12:00~、15:00~に飛び立つ(天候によって変更あり)(2017年8月9日撮影)

「飛行船ピカチュウ」の時間は10:00~、12:00~、15:00~(予定)で、 1時間ほどみなとみらい21地区一帯を飛行する。 横浜ワールドポーターズと横浜赤レンガ倉庫の間にある「新港中央広場」に設けられた係留場所から飛び立つ。天候によって時間が変わったり、飛ばなかったりする場合もある。
 

水陸両用バス「スカイダック」もピカチュウ仕様で運行チュウ!(2017年8月9日撮影)

水陸両用バス「スカイダック」もピカチュウ仕様で運行チュウ!(2017年8月9日撮影)
水陸両用バス「スカイダック」もピカチュウ仕様で運行チュウ!(2017年8月9日撮影)

URL:水陸両用バス「スカイダック」ピカチュウラッピング

 

「ぬれる」程度ではなく、文字通り「ずぶぬれ」に!

今年は昨年以上に“ずぶぬれ”必至の「ずぶぬれスプラッシュショー」(2017年8月9日撮影)
今年は昨年以上に“ずぶぬれ”必至の「ずぶぬれスプラッシュショー」(2017年8月9日撮影)

昨年好評を博した「ずぶぬれスプラッシュショー」は、昨年以上に大量に水が発射されるので要注意。横浜赤レンガ倉庫イベント広場で1日3回(1200~、14:00~、16:00~ 約15分)行われる。「水のカーニバル」と題し、ピカチュウたちがダンサーとともにダンスを披露する。

音楽に合わせてピカチュウたちがダンスを披露(2017年8月9日撮影)
音楽に合わせてピカチュウたちがダンスを披露(2017年8月9日撮影)

観覧場所は、ウォーターキャノンからの放水を大量に受ける「ずぶぬれエリア」と、水しぶきがかかる「ちょいぬれエリア」に分かれているが、どちらも携帯やカメラなど、防水対策されていない電子機器の使用はさけたほうがよいだろう。横浜ガイドは防水カメラを手に「ずぶぬれエリア」で観覧したが、文字通り、バケツで水をかぶったように全身ずぶぬれとなった。

この勢いで水が発射されるので、ずぶぬれ覚悟で参加しよう(2017年8月9日撮影)
この勢いで水が発射されるので、ずぶぬれ覚悟で参加しよう(2017年8月9日撮影)

濡れたくない方はレインコートを、また着替えやビーチサンダル、手荷物をいれるビニール袋を持参することをおすすめしたい。会場横ではピカチュウなどのTシャツが販売されており、着替えができるスペース(要スタッフに問い合わせ)が用意されているので、それらを利用しても。

 

遭遇できたらラッキー! ピカチュウのおさんぽ&グリーティング

クイーンズスクエア横浜からスタートし、グランモール公園で折り返し、またクイーンズスクエア横浜に戻るおさんぽルート(2017年8月9日撮影)
クイーンズスクエア横浜からスタートし、グランモール公園で折り返し、またクイーンズスクエア横浜に戻るおさんぽルート(2017年8月9日撮影)

大人気の「ピカチュウのおさんぽ」は、今年も開催。1日数回、クイーンズスクエア横浜~グランモール公園間を往復する。時間は公表されていないが、スタッフがロープを張り始めたら、そろそろスタートの合図。MARK IS みなとみらいの前で輪になってダンスを披露し、クイーンズスクエア横浜に戻っていく。

MARK IS みなとみらいの前で輪になってダンスを披露し、戻っていく(2017年8月9日撮影)
MARK IS みなとみらいの前で輪になってダンスを披露し、戻っていく(2017年8月9日撮影)

上記のほか、みなとみらい21地区のさまざまな施設でステージショーやコスプレしたピカチュウが登場するグリーティングが行われる。ショーの時間は配布されるリーフレットや公式サイトで確認を。ショーは毎回混雑するので、開始30分~15分前には到着しておくと見やすい位置が確保しやすい。グリーティングは時間不定期で行われるので、出会えたらラッキーだ。

​ 日本丸メモリアルパークで行われるストンプショー「海のカーニバル」ではセーラー服姿のピカチュウが登場(2017年8月9日撮影) ​
​ 日本丸メモリアルパークで行われるストンプショー「海のカーニバル」ではセーラー服姿のピカチュウが登場(2017年8月9日撮影) ​
帆船日本丸には船長姿のピカチュウのグリーティングが。見学者との記念撮影に応じてくれる(2017年8月9日撮影)
帆船日本丸には船長姿のピカチュウのグリーティングが。見学者との記念撮影に応じてくれる(2017年8月9日撮影)
クイーンズスクエア横浜で行われるステージショー「太陽のカーニバル」のようす(2017年8月9日撮影)
クイーンズスクエア横浜で行われるステージショー「太陽のカーニバル」のようす(2017年8月9日撮影)
クイーンズスクエア横浜には、今回のテーマである「カーニバル」をイメージした衣装のピカチュウがグリーティング(2017年8月9日撮影)
クイーンズスクエア横浜には、今回のテーマである「カーニバル」をイメージした衣装のピカチュウがグリーティング(2017年8月9日撮影)

 

圧巻!ピカチュウ100匹が日本大通りをパレード

昨年のパレードのようす。今年は100匹のピカチュウがパレードする。黄色いものを身に着けて一緒に楽しもう!(2016年8月7日撮影)
昨年のパレードのようす。今年は100匹のピカチュウがパレードする。黄色いものを身に着けて一緒に楽しもう!(2016年8月7日撮影)

最大のイベントは、8月14日(月)に日本大通りで行われる「ピカチュウ・カーニバル・パレード」。ピカチュウは昨年の50匹から100匹にスケールアップし、ダンサーやパフォーマーとともに ラテンの音楽に合わせてパレード、横浜公園~象の鼻パーク間を往復する。時間は16:00~17:00(予定)。日本大通りの両側歩道から見ることができる。

 

屋外で過ごす場合は熱中症にご注意を

屋外で過ごす場合は、熱中症には注意を。こまめに水分、塩分を補給し、涼しい施設内で休みながらイベントを楽しもう。みなとみらい21地区のさまざまな施設で「ピカチュウなりきりサービスチュウ!」が行われており、無料で配布されているピカチュウサンバイザーやピカチュウグッズなどを身に着けて行くと、割引やドリンクサービスなどが受けられる。サービス内容は、配布されているパンフレットやみなとみらい21公式サイトで確認を。

URL:http://minatomirai21.com/54642

JR桜木町駅内にもピカチュウが大量発生チュウ!(2017年8月3日撮影)
JR桜木町駅内にもピカチュウが大量発生チュウ!(2017年8月3日撮影)

みなとみらい21地区にピカチュウが大量に発生する「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」。大人も子どもも楽しんでみては。最新情報は公式サイトで確認を。⇒ピカチュウ大量発生チュウ!


©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモンは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
 
【関連記事】

過去最多のピカチュウ1500匹が大量発生!横浜みなとみらいでイベント

大人も子どもも楽しめる横浜の夏イベント特集2017

ピカチュウ「ずぶぬれスプラッシュショー」はマジでずぶぬれチュウい!(2016年8月)