気分はパリジェンヌ セントレジスホテル大阪の新デザートブッフェ

大阪で話題の、セントレジスホテル大阪のスイーツブッフェ。6月から新たに「パリジェンヌ」をモチーフに、マカロンやエクレアなどのフランス菓子をはじめ、パリの街並みをイメージしたブッフェ台など、パリジェンヌの気分が味わえるテーマでスタートする。

大阪の女性に人気 セントレジスのデザートブッフェ

お菓子
セントレジスホテル大阪でスイーツブッフェ「パリジェンヌ」。2017年6月2日から9月30日まで開催

世界最高級のホテルチェーン、セントレジスホテル大阪でのスイーツブッフェが人気だ。これまで、ストロベリーのスイーツと料理などが楽しめるブッフェをはじめ、黒スイーツを取り揃えた「THE BLACK」、お姫様気分が味わえる「プリンセスデザートブッフェ」などを実施。格式高いラグジュアリーホテルのスイーツを上質なサービスと合わせて体験できるとあって、女性を中心に人気を集め、開催するたびに話題となってきた。
 

そして、6月からのスイーツブッフェは、コンセプトを新たに「パリジェンヌ」としてスタート。女性に根強い人気を誇るフランス・パリがテーマとあって、これまた評判になりそうだ。
 

テーマは「シャンゼリゼ通りでショッピングを楽しむ大人女子の休日」

フレンチビストロ「ル ドール」。パリの雰囲気が漂う大阪で人気のレストラン

今回のデザートブッフェ「パリジェンヌ」は、パリのシャンゼリゼ通りでショッピングを楽しむ大人女子の休日をイメージ。なぜシャンゼリゼ通りなのかというと、ホテルが大阪のメインストリートである御堂筋に面し、大阪のシャンゼリゼ通りと称されていることにちなんだという。
 

特に、スイーツブッフェの会場「ル ドール」はホテルの1階と2階にあり、いまや大阪を代表する本格フレンチビストロとして知られる。床のモザイクタイル、オープンテラスもあって、大阪にいながらパリの雰囲気が楽しめる。
 

高級フランス菓子が思う存分味わえる!

デザートブッフェ「パリジェンヌ」で提供されるスイーツは、まず、フランスを代表する数々のお菓子。エクレア、マカロン、オペラ、サントノーレなどが好きなだけ存分に味わえるのは、洋スイーツ好きにはたまらない。
 

また、口紅、バッグ、ハイヒールといったファッションやコスメをモチーフにしたスイーツも並び、見た目の楽しさにもこだわっている。これらは「シャンゼリゼでショッピングをしたいお洒落なアイテム」がモチーフとのこと。
 

その他、「ル ドール」のフランス人シェフによるキッシュ、生ハムクロワッサンといった本場のフレンチキュイジーヌも。スイーツだけでなく料理があるのもやはりうれしい。
 

かわいいインスタジェニックなフォトスポットも設置

スイーツブッフェの来場者限定、セントレジスのロゴが入ったチョコレートのアイスクリーム

そして、凱旋門やエッフェル塔などパリの街並みを再現したブッフェ台など、店内の随所に思わず写真を撮ってSNS(ソーシャルネットワーク)で誰かに発信したくなるインスタジェニックなスポットも設置される。ウェルカムドリンクもフランス国旗をモチーフにしたトリコロール色、セントレジスのロゴ入りバッグのアイスクリームなど、楽しめる要素も多い。店内のBGMもシャンソンやフレンチポップスが流れ、パリジェンヌの気分が堪能できる。
 

さらに、フランス独立記念日の7月14日には、ディナータイムに1日限りのスペシャルイベントが開催される(後日ホームページにて発表)。
 

デザートブッフェ「パリジェンヌ」は、6月2日から9月30日までの金・土・日・祝開催。15~17時の2時間制。大人4,800円、4~12歳2,400円(税・サービス料のみ)。トリコロールカラー(青・白・赤)を身に着けて来店すると特典もある。
 

【関連リンク】

セント レジス ホテル 大阪

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応