快適性向上にも期待!「よりSUVらしく」なった新型スバルXVが登場

4月6日、3代目となるスバルXVが発表された。現行スバル・インプレッサに続き、次世代プラットフォームの「バル・グローバル・プラットフォーム」を採用した第2弾モデル。先代XVよりもSUV度合いを増した新型スバルXVの魅力とは?

XV
新型スバルXVの価格は1.6Lが2,138,400円〜2,300,400円。2.0Lが2,484,000円〜2,732,400円

2017年4月6日、3代目となるスバルXVが発表された(初代はインプレッサXVという車名で、2代目以降はスバルXV)。現行スバル・インプレッサに続き、次世代プラットフォームの「SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバル・グローバル・プラットフォーム)」を採用した第2弾モデルだ。先代XVよりもSUV度合いを増した新型スバルXVの魅力とは?
 

全面改良で全方位進化が図られたミドルサイズSUV

先述したように、新世代プラットフォーム(車体)の「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用した新型スバルXV。
 

走りやパッケージングだけでなく、安全やデザインの面でも自由度を増す利点があり、スバルが社名を富士重工業からSUBARUに変更した2017年4月1日以降、初のフルモデルチェンジを受けた新型モデルということになる。
 

XV2
現行インプレッサ同様に、ダイナミックかつ洗練されたスタイリングが魅力

 

先代XVもインプレッサをベースに最低地上高を高め、SUVテイストを加えた外観が特徴だったが、新型XVはさらにそのテイストを濃厚にしたのが特徴だ。200mmの最低地上高は先代と変わらないものの、レガシィ・アウトバックやフォレスターでもお馴染みのAWD制御システム「X-MODE」をXVとして初採用することで悪路走破性を高めている。
 

エンジンはインプレッサと同様に、直噴化された2.0Lとポート噴射の1.6Lで、ともに水平対向4気筒のNA。トランスミッションは、CVTであるリニアトロニックを採用している。駆動方式は全車「シンメトリカルAWD」と呼ばれる常時全輪駆動となっている。
 

外観はインプレッサと同じように、「DYNAMIC×SOLID」と呼ぶデザイン哲学のもと、大胆かつ都会的な洗練された雰囲気を演出。
 

力強く機能的なボディ下まわりによる「スポカジスタイル」と呼ぶ造形を実現になり、さらに造り込まれた質感表現により、新世代スバルのSUVらしいデザインを目指したとしている。
 

悪路走破性だけでなくオンロードでの快適性向上にも期待

SUVとしての悪路走破性は、AWD制御システム「X-MODE」で高まったことは間違いないが、インプレッサの例から考えても乗り心地や静粛性などのオンロードでの快適性も引き上げられているはずで、「動的質感」と呼ばれる走りのクオリティアップも大いに期待したい。
 

安全面では、歩行者保護エアバッグと最新バージョンであるアイサイト(ver.3)を全車に標準装備するなど、「安全のスバル」というイメージを裏切らない最新装備が用意されている。
 

全長4465×全幅1800×全高1550mmというボディサイズは、全長4360×全幅1795×全高1550mmのトヨタC-HRよりも若干大きいものの、Cセグメント派生系のSUVに強力なモデルが加わったことになる。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない