乳幼児は「節分の豆」に要注意!窒息の危険がある食品とは

消費者庁は2日、豆・ナッツ類による事故が報告されており、節分の豆まきに注意を呼び掛けている。乳幼児にとって窒息といった危険が伴う食品には豆やナッツ以外にどのようなものがあり、どのような注意をすればいいのだろうか。専門家が解説した。

2月3日は節分!しかし豆まきにはリスクも…

消費者庁は2日、豆・ナッツ類による事故情報が医療機関から寄せられており、節分の豆まきの際に親の目の届かないところで子供が豆に近づかないよう注意し、後片付けも徹底するよう呼び掛けている。

豆

消費者庁によると、豆・ナッツ類は、窒息の危険があるだけでなく、小さな破片でも気道に入ったまま放置していると、気管支炎や肺炎を起こすこともあり、3歳までは乾いた豆・ナッツを食べることを控えるようにとしている。
 

大人にとっては当たり前に食べている食品が、乳幼児にとっては窒息といった危険が伴うことがある。これは豆やナッツだけに限らない。どのような食品が危険で、どのような注意をすればいいのだろうか。これに関して、All Aboutの複数の専門家が解説をしている。

 

**********

 

乳幼児の喉に詰まりやすい食品とは

管理栄養士で離乳食アドバイザーの川口由美子氏はAll Aboutの『赤ちゃんが喉に詰まらせやすい食材』の中で「ちょっとした工夫をしてあげることで、窒息事故は事前に防ぐことができる」と述べている。そもそも、どのような食材が乳幼児の喉に詰まりやすいのだろうか。川口氏は次のものを挙げている。

  • ピーナッツなどのナッツ類、豆類
  • あめ玉
  • 一口タイプのこんにゃくゼリー
  • お餅
  • プチトマト
  • キャンディチーズ
  • ぶどう

  

なぜ乳幼児にとって「危険な食品」になるのか

これらの食材が危険な理由はなにか。乳幼児の咀嚼(そしゃく=噛む力)は、大人に比べて不充分であり、ここで挙げたような食材は、気管に詰まりやすい大きさであり、また溶けにくいものと考えることができる。
 

川口氏は、乳幼児には“きちんとした大きさ、固さのものを選んであげる必要”があり、口どけの良い食材を選んだり、喉につまりにくくするように切ったりする工夫が必要と述べている。
 

「これらを与える場合は、半分に切ってあげたり、食べる時にはしっかりお子さんを見守るなどの注意が必要です。ミニトマトやキャンディチーズは、簡単に栄養が補える食材ですので、そのまま食卓にのぼりがちですが、どうかひと手間かけてくださいね」(川口氏)
  

乳幼児の食べ物による窒息リスクを減らす注意点

食と健康アドバイザーの南恵子氏もAll Aboutの『喉に詰めやすい食品と注意点』で乳幼児や高齢者が窒息する危険がある食材を紹介しながら、乳幼児の食べ物による窒息リスクを減らすためにやるべきこととして以下の注意点を挙げている。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの豆類は3歳になるまでは食べさせない
  • 急停車する可能性のある車や揺れる飛行機の中では食べさせない
  • あおむけに寝た状態や、歩きながら、遊びながら、ものを食べさせない
  • 食べ物を口に入れたままの会話、テレビを見ながらの食事はさせない
  • 小さな食べ物を放りあげて口で受けるような食べ方をさせない
  • 食事中に乳幼児をびっくりさせるようなことはしない
  • 乳幼児に食べることを無理強いしない
  • 年長の子どもが乳幼児に危険な食べ物を与えることがあるので注意する
  • 嚥下障害をもつ障害児では食べ物による窒息がおこりやすく、十分な注意が必要である

「今の時代は、家族だけで、乳幼児や高齢者のお世話をするとは限りません。様々な人が関わる場合、全員がこうした内容を共有しておくこと、またもしも喉に食べ物が詰まった時の応急手当法なども併せて知っておくことが大切だと思います」(南氏)
 

応急処置の方法 参考:

【関連リンク】

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由