日本初上陸のレゴランド、いよいよオープンへ!

イメージ
『LEGOLAND(R) Japan』のアトラクションイメージ(リリースより転載)

名古屋市で2017年4月1日(土)10時に開園する屋外型キッズテーマパーク「LEGOLAND(R) Japan(レゴランド ジャパン)」の完成式典が2日、実施されました。式典では、エントランスエリアにて、建設に携わった関連企業より運営会社「LEGOLAND Japan」の代表取締役トーベン・イェンセン氏にLEGO(R)特製キーが受け渡されました。

参照:名古屋でレゴランド完成式 4月開業、屋外型は国内初
 

 

「LEGOLAND(R) Japan」は日本初上陸、世界7カ国8カ所目の展開となる、2歳から12歳までの子どもを持つ家庭をターゲットとした世界中で人気のテーマパーク。7つの異なるエリアでLEGO(R)の世界が体感でき、40を超えるアトラクションやショーが楽しめる屋外型のキッズテーマパークになると発表されています。また、レゴ(R)の世界観を楽しめるレゴランド ホテルも2018年中に開業予定で、名古屋エリアの新しい観光スポットとして注目されています。
 

2月4、5日にファクトリーエリアの限定公開に招待も

れご


グランドオープンに先行して、LEGOLAND(R) Japanは2月3日(金)以降に「LEGOLAND(R) Japan」の年間パスポートまたは1DAYパスポート(2017年6月30日分まで)を購入した人を対象に、2月4日(土)と5日(日)の10時~15時、ファクトリーエリアの限定公開に招待するとしています。このエリアでは、ブリック・パーティと呼ばれるメリーゴーランドに試乗ができるほか、レゴ(R)東海エリア初登場の限定商品などが販売されるそうです。
 

なお、パークの混雑状況によっては一時的に入場規制があるほか、駐車場の用意がないため注意が必要そうです。
 

【関連リンク】

「LEGOLAND(R) Japan」オフィシャルホームページ

2017年・名古屋発ヒット候補BEST3