1月28日関西空港に第2ターミナルビル(国際線)開業!見どころは?

大阪の関西国際空港に「LCC専用」として作られた第2ターミナルが拡張され、1月28日、「第2ターミナルビル(国際線)」としてオープンした。充実した店舗・機能を備えた空間になると期待されていた新ターミナルビルについて、飛行機や空港に詳しいAll Aboutの飾磨亜紀氏が以下のように紹介している。

大阪の関西国際空港に「LCC専用」として作られた第2ターミナルが拡張され、1月28日、「第2ターミナルビル(国際線)」としてオープンした。充実した店舗・機能を備えた空間になると期待されていた新ターミナルビルについて、飛行機や空港に詳しい旅行ジャーナリストの飾磨亜紀氏がAll Aboutの「関西空港の第2ターミナルビル(国際線)徹底ガイド」で以下のように紹介している。

********

 

ピーチと春秋航空の国際線全便が利用するターミナル

第2ターミナルビル(国際線)の入口
第2ターミナルビル(国際線)の入口
(出典:『関西空港の第2ターミナルビル(国際線)徹底ガイド』)

第2ターミナルビルはこれまでピーチ・アビエーションの国内線、国際線の全便が発着してきたが、今回の拡張により、既存の第2ターミナルビルの部分はピーチ・アビエーションの国内線のみの第2ターミナルビル(国内線)となり、新たに拡張された第2ターミナルビル(国際線)にはピーチ・アビエーションの国際線に加え、中国の春秋航空も国際線全便が発着する(春秋航空は3月1日から)。

 

出国後は「ウォークスルー型ショッピングエリア」で買い物

ウォークスルー
日本で初めてとなる「ウォークスルー型」のショッピングエリア
(出典:『関西空港の第2ターミナルビル(国際線)徹底ガイド』)

出国審査エリアを抜けるとすぐ、ショッピングエリア。海外の主要空港ではおなじみと飾磨氏が述べるが「ウォークスルー型」が日本の空港では初めての導入となる。これによって、搭乗口に向かって歩きながら、ショッピングが楽しめるという。

  

第2ターミナルビルでおなじみ、ピーチ・アビエーションがプロデュースする総合免税店「Fuchsia by peach」が第2ターミナルビル(国際線)にもオープン。時計の専門店、ドラッグストア「ココカラファイン」、コンビニ感覚で利用できる「Daily SKY」などもあるほか、レストランでは、関西空港で初出店となる抹茶などを使った和スイーツが人気カフェチェーン「nana’s green tea」のほか、軽食などが味わえる「大阪ゴチ食堂」がオープンするなどの充実ぶりだ。

 

「ショッピングとレストランのエリアの両サイドに、ピーチ・アビエーションと春秋航空の搭乗待合エリアがあります。それぞれ離れているので、初めての利用でもわかりやすいレイアウトです」

  

日本初導入の「スマートセキュリティー」システムで時間短縮

セキュリティ
日本初の「スマートセキュリティー」システムが導入
(画像提供:関西エアポート/『関西空港の第2ターミナルビル(国際線)徹底ガイド』)

飾磨氏がもう一つポイントとして挙げているのが、搭乗前に必ず行う保安検査。混雑時は時間がかかりがちだが、今回、日本で初めて導入されることになる「スマートセキュリティー」では、その時間を大幅に短縮する。トレーの移動を自動化したスマートレーンや海外の主要空港で見られる「ボディスキャナー」も導入し、手荷物検査もスピーディに終えられるという。

 

第2ターミナルビル(国際線)を利用することになるのは、ピーチ・アビエーションの国際線全便が1月28日から、春秋航空も全便が3月1日から。関西から海外へ旅行する際は、ぜひ利用してみたい。

  

【関連記事】

関西空港の第2ターミナルビル(国際線)徹底ガイド

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由