リクルートライフスタイル)は2日、旅行サイト『じゃらんnet』上における年末年始の期間(2016年12月23日(金)〜2017年1月3日(火))の宿泊予約状況より、国内旅行の人気旅行先についてまとめ、発表した。

 

ランキング
じゃらんのリリースより

  

人気旅行先ランキングは1位に東京都、2位に北海道、3位に大阪府がランクイン。6位までは前年と順位の変動はなかったという。トップ10全体を見ても前年から大きな変化はなく、「人気旅行先は定着化しているようです」としている。

  

前年比増加率ランキングは、1位に大分県、4位に長崎県がランクイン。これは、2016年7月から発行中の九州観光復興キャンペーン「九州ふっこう割」を利用した予約が影響しているとみられるという。

  

また、人気旅行先でも3位の大阪府は、増加率ランキングで2位にランクイン。人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は2016年上半期に来場者数が過去最高を更新しており、この年末年始も多くの方が「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を目的に大阪府を訪れることが予測されると同社は分析している。

  

8位の青森県は、2016年3月に開業した北海道新幹線の影響があるという。

 

【関連リンク】

岡山県内 年末年始旅行商戦ピーク