漫画『銀と金』池松壮亮主演でドラマ化 Amazonでは先行配信も

福本伸行の漫画『銀と金』がドラマ化され、2017年1月よりテレビ東京が土曜深夜に放送している連続ドラマ枠「ドラマ24」で放送されることが明らかになった。主演は映画『ラストサムライ』で映画デビューし、『ぼくの家族』や『紙の月』で日本の主要映画賞を受賞してきた池松壮亮。

池松
主演の池松壮亮

福本伸行の漫画『銀と金』がドラマ化され、2017年1月よりテレビ東京が土曜深夜に放送している連続ドラマ枠「ドラマ24」で放送されることが明らかになった。主演は映画『ラストサムライ』で映画デビューし、『ぼくの家族』や『紙の月』で日本の主要映画賞を受賞してきた池松壮亮。

 

あわせて、Amazonが2017年1月よりAmazonプライム・ビデオにて独占先行配信することも発表。テレビ東京の放送1週間前にプライム会員に独占先行配信する予定という。

  

原作は、ギャンブル漫画の第一人者で、『カイジ』や『アカギ』を筆頭とする人気漫画家・福本伸行の同名の人気漫画。何事もうまくいかず、ギャンブルに逃げていた森田鉄雄が、金がすべての裏社会を仕切る大物フィクサー・平井銀二に出会い、野望を持ち、欲望に踊らされ、より多くの金を手にするために、命を懸けて悪と戦うという内容だ。

 

監督は、古厩智之(映画『ホームレス中学校』『ロボコン』、ドラマ「警視庁ナシゴレン課」)と中前勇児(「天皇の料理番」「とんび」「ROOKIES」)。脚本は、山岡潤平(「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」「殺人偏差値70」「GTO」)と根本ノンジ(「侠飯」「5→9~私に恋したお坊さん」「弱くても勝てます」)が務める。

 

以下リリースより転載する

 

■原作者・福本伸行氏のコメント

「『銀と金』は、麻雀漫画以外で、僕が初めて評価を得た漫画です。僕の漫画の中で、「銀と金が、一番好きだ」と言うファンの方によく会います。僕自身が、世の中に認められようと、ギラギラしていて、その熱が籠められた作品だからかもしれません。今回、森田鉄雄を池松壮亮さん。映画 『紙の月』を観ていました。また、平井銀二役を、とあるいぶし銀俳優を僕が是非にと、推薦しました。この素晴らしい2人のタッグで、テレビドラマ化僕の人生に、またひとつ、僥倖が舞い降りました。ありがとうございます。」

  

■主演・池松壮亮氏のコメント

「原作のもつパワーに圧倒され、この度、連続ドラマ初主演という大役を務めさせて頂くことになってしまいました。30分×12話という長い時間をかけて、まだ何者でもない森田鉄雄という男が何に絶望し、何に出会い、何を想い、何に挑むのか。ゆっくりと探していけたらと思っております。誰かに認めてもらいたい、誰かを見返したい、もっと、もっといけるはず、俺は何者なんだ。”ちょうど良さ”が主流となってしまったこの時代に逆らって、勝つか負けるか、1ヶ月半このチームで突っ走ってみようと思います。」

  

■プロデューサー・松本拓氏(テレビ東京 編成局ドラマ制作部)のコメント

「15 年前、この原作に出会った時、高校生だった私は、凄まじい衝撃を受け、夜通しで読破したことをよく覚えています。 圧倒的な心理戦、そして、抜群のスリル感。 福本先生の原作の中でも、異彩を放つこの作品は、それから月日が経った今読み返しても、やはり鳥肌が立ちます。最高の原作を、最高のキャストでドラマ化したい。長い時間をかけて企画を立ててきました。人が命を賭ける「究極のマネーゲーム」を一人でも多くの人に見て頂きたいと思います。 主演は、今、映画界で最も注目を集める若手俳優の一人、池松壮亮さん。今月頭にクランクインしましたが、ワンカットワンカットにしびれます。 もはや、未だかつてない面白いドラマが出来上がることは確実。テレビ東京の深夜ドラマに、また一つ、革命を起こします。」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」