ID・パスワードは必要なし!? 次世代型決済サービス「ROUTE PAY」で巧妙化するフィッシング詐欺を防止【PR】

キャッシュレス化が進み、近年どんどん増加しているフィッシング詐欺。ID・パスワードなど個人情報データと決済情報を紐づけない、次世代型決済サービス「ROUTE PAY」とは?

キャッシュレス化に伴い増えるフィッシング詐欺
キャッシュレス化に伴い増えるフィッシング詐欺
キャッシュレス化が進む近年、どんどん増加傾向にあるフィッシング詐欺。より悪質で巧妙な手口は、最早ユーザーに依存する対処では間に合わない段階まで上がってきています。

主な手口は悪質なメールやSMS、酷似の偽サイトなどに個人情報を入力させ、そこからユーザー情報を抜き取るといったもの。近年、フィッシング詐欺の被害に遭う人が増えています。2023年の被害額は過去最高額の約536億円にものぼります。(フィッシング対策協議会 月次報告書【2023年総計】)

さらに2023年10月にフィッシング対策協議会に寄せられた報告件数は、海外含め過去最多となる15万6804件でした。
「フィッシング報告件数」
「フィッシング報告件数」

こういった詐欺被害を防ぐためには、そもそもID・パスワードといった個人情報データと決済情報を紐づけない、という根本的な対策が必要。次世代型決済サービス「ROUTE PAY」なら、安全で簡潔な決済方法で詐欺被害を圧倒的に減らすことが可能です。

巧妙化するフィッシング詐欺の手口とは?

前述したとおり、ユーザー目線で見破ることが難しくなっているフィッシング詐欺の巧妙な手口。下の図の左のように大企業を語っての詐欺が多く、企業も呼びかけを行っているものの、最終的にはユーザー自身が詐欺化を見分けなければいけません。

また、1回でもフィッシング詐欺にあってしまうと、IDやパスワード使いまわしていた場合、他のサイトでもアクセスされてしまい不正利用被害にあうことも考えられます。
巧妙化するフィッシング詐欺
巧妙化するフィッシング詐欺

個人情報と決済情報を紐づけない「仕組み」による対策

こうした詐欺被害を避けるには、「だまされないように気をつける」以外に抜本的な「仕組み」による対策が必要になりつつあります。つまり決済時に自分の個人情報やID・パスワード、カード情報などを入力しないということです。もしサイトにアクセスしてしまっても、情報を入力しなければ詐欺被害に遭うことはないからです。

そこでフィッシング詐欺撲滅に活躍するのが、個人が特定できてしまうであろう番号を紐づけせず、ID・パスワードレス決済を可能にする次世代決済サービス「ROUTE PAY」というサービスになります。
「ROUTE PAY」の仕組み
「ROUTE PAY」の仕組み
従来の決済方法では、利用者が店舗やサイトなどにID・パスワード、カード情報を送信することで入金しているので、偽サイトで同じ手順を踏んでしまうと個人の詳細な情報が漏洩するリスクがありました。
「仕組み」の対策で情報漏洩を未然防止
「仕組み」の対策で情報漏洩を未然防止

一方で「ROUTE PAY」では、「ROUTE CODE」という4桁の数字を、登録済みの端末から入力することで本人確認が完了。IDやパスワードを利用しないで決済を完了できる上に、端末1台につき1つしかアカウントを登録できないため、情報漏洩の心配がなくなります。
「ROUTE CODE」の仕組み
「ROUTE CODE」の仕組み

また、ワンタイムパスコードなので、IDやパスワードを忘れて再発行手続きをするといった、面倒な手間も省くことができます。

さまざまな場面で活用できる「ROUTE PAY」で安全な買い物を!

「ROUTE PAY」は、オンライン決済だけでなく店舗決済でも利用が可能です。レジ用端末に金額入力後、表示される「ROUTE CODE」を端末に入力することで本人確認が完了。ショッピングにおけるさまざまな場面で、安全かつ簡潔な決済をすることができます。

これからさらに加速するであろうキャッシュレス決済と、巧妙化するフィッシング詐欺。心置きなくショッピングを楽しむためにも、「ROUTE PAY」で最大限の対策をしてみてはいかがでしょうか。

「ROUTE PAY」が気になったらこちらをチェック!
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性