「富士山と花火とスポーツカーと…」3月30日開催、非日常を楽しめる花火大会に注目

2024年3月30日、富士スピードウェイで「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」開催されます。その概要と見どころをまとめました。

富士山花火 vs スピードウェイ 2024
富士山花火 vs スピードウェイ 2024
2024年3月30日、国際サーキット「富士スピードウェイ」を舞台とした壮大な花火大会「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」が開催されます。

サーキットで花火大会と聞くとどのような景色なのか全く想像ができないかもしれませんが、実はこの花火大会は今回で2回目。2022年に開催された初回では、来場者から「こんなに間近で花火を感じたのは初めて」「とにかく圧倒された」「家族で楽しめた!」と絶賛の声が上がったそうです。
初回からスケールアップしての開催とのことで、本大会についてその醍醐味(だいごみ)と楽しみ方を紹介します。

「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」は何がすごい?

「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」の醍醐味は、1.5キロというサーキットならではの関東近郊で最大のワイドな演出を楽しめるということでしょう。車と並走して打ち上がる花火は2023年も大好評だったそう。タイトルの“vs”には「花火とモータースポーツの“競演”」という意味が込められているそうで、まさにこのイベントでしか得られない体験でしょう。

また、今回のテーマは“星の旅人”となっており『星の王子さま』にインスピレーションを得た演出や『銀河鉄道の夜』にインスピレーションを得た演出が準備されています。

さらに、初回ではなかった大輪の一尺玉もプログラムに組み込まれているとのことで、都心では味わえない大迫力な花火を鑑賞することができます。

どこで見る? イベントを楽しむ12の席

さらに、「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」では車が好きな人、花火を思いっきり楽しみたい人、写真を撮りたい人……とさまざまなタイプの来場者のために、AからLまで、全12の趣向をこらした席が準備されています。
全体 シート
公式Webサイトでは、各席から見えるイメージのイラストや動画も掲載されており、チケットを購入する前の鑑賞シミュレーションもできるようになっています。

例えば、A席は以下のような席となるようです。
「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」に参加される際は、ぜひお気に入りの席のチケットを探して購入してみてください。

■「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」の概要
日時:3月30日(土)13時開場
時間:花火打上開始18時10分~
会場:富士スピードウェイ
打ち上げ数:約8000発(最大1尺玉)
チケット発売:アソビュー、イープラス、ぴあ、KLOOK、富士急トラベル、クラブツーリズムなど、各種プレイガイドにて発売。公式Webサイトからチケット情報を確認できます。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化