【慶応グルメ】慶応高校野球部の行きつけ! 日吉でおすすめのラーメン&洋食店

8月6日から23日までの14日間に渡って行われた「第105回全国高等学校野球選手権大会」。107年ぶりにその王者に輝いた慶應高校の野球部員たちが愛する、地元・横浜市日吉のグルメを紹介します。

慶応高校のある日吉駅前
慶応高校の地元・横浜市港北区日吉

8月6日から23日までの14日間に渡って行われた「第105回全国高等学校野球選手権大会」。その王者に輝いたのは、神奈川県代表の慶應義塾高等学校(以下、慶応高校)でした。実に107年ぶりとなる夏の甲子園優勝に、地元・横浜市港北区日吉は大盛り上がりとなっています。

そこで、今回は慶応高校の野球部員たちが通う日吉の飲食店を紹介します!

武蔵家 日吉店

武蔵屋日吉店
武蔵屋 日吉店

1軒目は、ナインたちが週4日通っているというラーメン店「武蔵家 日吉店」。慶応高校がある日吉駅東口とは反対側の西口から歩いて2分ほどの場所にあります。

メニューは、一般的なラーメンからチャーシューメン、ねぎラーメン、特別ラーメンなど。サイズも、麺1玉分となる並から2玉分となる大まで用意され、食べ盛りの高校生たちにもうれしいボリュームで提供されています。

武蔵屋日吉店のラーメン(並)
武蔵屋 日吉店のラーメン(並)

一般的なラーメンは、濃厚な豚骨しょうゆスープに細めの中太麺と、食べ応えのあるチャーシュー、ほうれん草、海苔がトッピングされています。また、好みで麺の硬さや味の濃さ、脂の量なども選べます。

同店では慶応高校の優勝を祝い、特別メニュー「ネギめし」を期間限定で無料提供しています(数量限定)。

甲子園への出発前にも、部員総出で訪れていた様子がお店のX(旧Twitter)アカウントに投稿されており、近いうちに優勝の報告に訪れることが期待されます。

 

洋食 とらひげ

洋食 とらひげ
洋食 とらひげ

2軒目は、1962年創業の洋食店「洋食 とらひげ」。こちらも、日吉駅西口から徒歩3分ほどの場所にあります。

とんかつやエビフライ、ハンバーグにカレーなど、老若男女に愛されるメニューが数多く並ぶなか、部員たちから最も人気が高いのは、パリパリ食感が自慢の「チキン南蛮」。

練習終わりに訪れることが多いという彼らは、ボリューム満点の料理でおなかを満たしているそうです。

そんな同店では、24日から優勝セールとして、とんかつとカレー煮込みハンバーグを通常価格から250円~300円ほど値下げして提供しています。


2023年3月に東急新横浜線が開通し、よりアクセスが便利になった日吉駅。横浜や新横浜、渋谷などに行く途中に下車して、“慶応グルメ”を満喫してみては?


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在