専業主婦・夫の年収700万円「家賃10万円以上なので、家を購入したい」都内2人暮らしのリアルな収支内訳

All About編集部が3月30日~4月7日に実施した「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートから、リアルな生活収支の実態を紹介します。今回は、東京都三鷹市に住む、32歳女性世帯の生活実態です。

物価や光熱費の高騰、それでも賃金は上がらない現状などによって、以前より生活が苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

All About編集部では、3月30日~4月7日にかけて「毎月の支出額・内訳」に関するアンケートを実施しました。今回は、その調査結果を基にリアルな生活収支の実態を紹介します。自分の収支状況・内訳と比較するなど、参考にしてみてください。
 

専業主婦・夫の年収700万円「家を購入したいと思っている」

今回は、東京都三鷹市に住む、32歳女性世帯の生活実態です。

夫婦2人暮らしで、夫の年収700万円。現在の生活について、「住みたいエリア的に、賃貸で家賃10万円以上必要なので、それであれば家を購入したいと思っている。日当たりが悪いので、カビや結露の掃除が大変」と話しました。
 

家賃や食費、光熱費など、リアルな収支状況とやりくりのポイントは?

■東京都三鷹市、32歳女性世帯の場合
年収:夫700万円
家賃:11万5000円
間取り:2DK
食費:3万円
交際費:3万円
電気代:9000円
ガス代:7000円
水道代(2カ月での請求額):6000円
通信費:2万円
車:なし
その他:娯楽費5万円

「ポイントや割引を手間とリターン額に応じて活用する。食事は食べたいものより、栄養素と手間を考えて作る」と、生活のポイントを教えてくれました。

今後については、「家族が好きな地域に住んで、平日は仕事、土日は近所を散歩や散策して、好きな地域に貢献出来ることを探したい」とのことでした。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「周りに友人おらず交際費が全くかからない」世帯年収470万円・夫婦2人暮らし、1カ月のリアルな収支内訳
「問題が山積み。教育費とローンに追われている」世帯年収1250万円・29歳、1カ月のリアルな収支内訳
専業主婦・夫の年収550万円「教育費で精いっぱい。老後資金が心配」都内在住4人家族のリアルな収支内訳
「物価が上がってまとめ買いでもお得を感じなくなった」年収300万円・1人暮らしの22歳、リアルな収支内訳は?
「光熱費がかさんでいる。別荘購入のための貯金が…」世帯年収900万円・4人家族のリアルな収支内訳は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も