「羽田エアポートガーデン」でしか買えない! 魅惑の限定品5選

2023年1月31日(火)、羽田空港に直結する複合施設・羽田エアポートガーデンの中に、商業施設「住友不動産 ショッピングシティ 羽田エアポートガーデン」が開業。80ある店舗の中から、ここでしか買えない限定品のある注目のショップを5つご紹介します。

ビクトリノックス限定品
世界的有名ブランドからも羽田限定アイテムが登場!(ビクトリノックス 右:コンパクト江戸文字、左:クラシック江戸文字)
2023年1月31日(火)、羽田空港第3ターミナルに直結する複合施設・羽田エアポートガーデンの中に、商業施設「住友不動産 ショッピングシティ 羽田エアポートガーデン」が開業します。
 
羽田エアポートガーデンには2つのホテル、天然温泉、ホール、バスターミナルなどの施設が集まり、商業エリアには約80店が集結。日本の名産品や旅行グッズといった空港らしいアイテムから、ファッション、雑貨、スイーツ、レストラン、リラクゼーションまでさまざまなショップが軒を連ねます。
 
戻りつつある外国人観光客向けの商品が目立ちますが、私たちも買い求めたくなるような魅力的なアイテムもいっぱい! その中から羽田エアポートガーデンでしか手に入らない、魅惑の限定商品を5つご紹介しましょう。
 

ビクトリノックス(羽田参道)
「マルチツール オリジナルハンドル」

墨絵マルチツール ランブラー
「墨絵マルチツール ランブラー」

1884年創業。実用的な機能を持つコンパクトなナイフ・マルチツールで有名なスイスのブランド「ビクトリノックス」。今では時計やスーツケース、トラベルグッズなど多岐にわたる商品を展開していますが、原点であるマルチツールの持ち手・ハンドルの部分に、日本らしいデザインをあしらった限定品がお目見えしました。
 
江戸文字のマルチツールは「コンパクト江戸文字」が5500円(税込)、「クラシック江戸文字」が2750円(税込)。「墨絵マルチツール ランブラー」は3080円(税込)。
 
ワールドワイドに展開している有名ブランドの羽田限定商品。日本らしさがスタイリッシュにデザインされていて、男性へのプレゼントにも良さそうです。
 

京都 六角館さくら堂(羽田参道)
「薔薇ほほ筆」

薔薇ほほ筆
置いてあるだけで華やぐ「薔薇ほほ筆」

オリジナルデザインのものを中心に約150種類を扱う化粧筆専門店「六角館さくら堂」。日本屈指の化粧筆作りの地・広島県熊野町の職人が作る品質の確かな化粧筆は、気軽なお値段のものから超高級なものまで幅広く、用途や予算によってスタッフが相談に乗ってくれます。

羽田エアポートガーデン店限定品は「薔薇ほほ筆(税込3850円)」。かわいいバラの花の形をしたチークブラシは、メイクスペースに置いておくだけでその場が明るくなる華やかな1品です。
 

ささら屋(羽田参道)
「しろえび撰日本茶セット」

しろえび撰日本茶セット
「しろえび撰日本茶セット」。せんべいとお茶は店内で試食・試飲できます

ささら屋は富山で1924年に創業した、日の出屋製菓の1ブランド。富山の米と富山名物・しろえびを使ったせんべい「しろえび撰」が看板商品です。

羽田店開業にあたり、このせんべいに合った宇治茶と玄米茶を、東京・高円寺発祥の日本茶専門店・金子園が監修し商品化。せんべいとお茶を1箱に詰めたここだけでしか手に入らないセット(税込1404円)が発売されました。せんべいの香ばしさを際立たせる宇治茶の甘い味わい、セット買いだからこそ楽しめますよ。
 

恵比寿豆園(羽田参道)
「桜きんつば」

桜きんつば
羽田エアポートガーデン店のみ常時手に入る「桜きんつば」

「伝統や歴史のある老舗ではありません。こんな和菓子があったらいいのになと感じてきたことを商品に託しました」。そんな思いを語る、東京・恵比寿発のきんつば専門店の4店舗目が羽田エアポートガーデンに登場。

「黒豆」「抹茶」「ごま」などさまざまな味わいのきんつばが常時10種類用意されていますが、その半分は季節によって入れ替わるのだそう。その中でも特に人気の「桜きんつば(税込395円)」を常時購入できるのは、この羽田のお店だけです。銭湯背景絵師・中島盛夫さんによる「桜富士」の掛け紙とともに、春らんまんの東京土産となることでしょう。
 

KOKUYODOORS(2階ショッピングエリア)
「和柄キャンパスノート5連セット」

和柄キャンパスノート5連セット
右が「和柄キャンパスノート5連セット」

日本人なら誰もが1度は使ったことがあるコクヨの文房具。100年以上の歴史を持つこの文具メーカーの直営店が、羽田エアポートガーデンにオープンします。

店内には最新の文房具はもちろん、ブランドの原点である和式帳簿の表紙など文房具の歴史をひもとくコーナーや、文房具では国内初のIoT自販機などじっくり過ごしたくなる仕掛けもたくさん。最近ではアジアで日本の文房具が大人気だそうで、そんなお土産需要にも対応できる小分けの「和柄キャンパスノート5連セット(税込1500円)」がひときわ目を引きます。おなじみのキャンパスノートの新たな表情を楽しめるアイテムです。
 
 
1月31日(火)開業の「羽田エアポートガーデン」でしか買えない、注目の限定アイテムを5つご紹介しました。限定品以外にも日本らしい楽しい商品がぎゅっと詰め込まれていて、とにかく魅力的なスポット。空港利用の前に……という人は、時間に余裕を持って出かけてくださいね!
 
 
<DATA>
羽田エアポートガーデン
アクセス:京急線・東京モノレール「羽田空港第3ターミナル駅」徒歩1分


【おすすめ記事】
【1月31日開業】「羽田エアポートガーデン」限定メニューがある、5つの注目グルメスポット
ピエール マルコリーニ“初”のアフタヌーンティが高島屋新宿店「アムール・デュ・ショコラ」に登場!
松屋銀座でしか買えない限定チョコもお目見え! 2023年バレンタインの注目は「日本人パティシエ」
銀座にオープン! ムーミンの“新”コンセプトショップは今までと何が違う?
堀口珈琲とCOEDOがコラボ! コーヒーがほのかに香る黒ビールを発売

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない