イタリア郷土料理カフェ「小麦と手のひら」が西池袋にオープン、6月30日まで全品半額

西池袋・立教通りにイタリア郷土料理カフェ「小麦と手のひら」がオープン。6月23~30日のソフトオープン期間はディナータイムのみの営業で、「インスタフォローで全品半額キャンペーン」を開催しています。

イタリア郷土料理カフェ「小麦と手のひら」

しろくまは、西池袋・立教通りにイタリア郷土料理カフェ「小麦と手のひら」をオープンしました。6月23~30日のソフトオープン期間はディナータイムのみの営業で、「インスタフォローで全品半額キャンペーン」を開催。ランチ営業が始まるグランドオープンは7月1日を予定しています。
 

日本の食材とかけ合わせたイタリア郷土料理

同店はコーヒーとスイーツを楽しむように、お酒とお肴を楽しめる大人のカフェ。イタリア郷土料理と季節野菜を使った前菜の数々を、ワインとともに味わえます。
 


主なメニューは前菜が「小麦と手のひらに来たらまずコレ!前菜盛り合わせ」(980円)、「おさかなガスパッチョ」(1200円)、パスタが「肉感ハンパない!ラザニア」(1200円)、「ペンネリガーテ 揚げ茄子とリコッタチーズのミートソース」(1300円)など。その他、お肉料理やデザートも提供しています。
 

7月1日からは、平日限定でランチも開始。1200円で日替わりパスタセットなどを提供予定です。
 

インスタフォローで全品半額!

6月23~30日の期間は、「小麦と手のひら」のInstagramアカウント(@komugitotenohira)をフォローするとお会計がなんと全品半額に。同店によると「急遽オープンの運びとなり、オープン準備でバッタバタ……。オペレーションもまだ充分とは言えず、オープン当初はご迷惑をおかけしてしまうこともあるかもしれません……!」とのことで、金額、回数に上限はないとしています。
 

ディナータイムの営業時間は17~23時(22時ラストオーダー)。気になる人はぜひ立ち寄ってみては。


【関連リンク】
プレスリリース

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」