ファンに聞いた『東京卍リベンジャーズ』で好きなキャラクター3選! 「絶対的なカリスマ性と喧嘩の強さ」

『東京卍リベンジャーズ』で好きなキャラクター3選! All Aboutが実施した『東京卍リベンジャーズ』についての独自アンケート調査の結果、「東リベ」ファンから人気が高かったキャラクターをご紹介します! (画像出典:Amazon)

『週刊少年マガジン』で連載中の、和久井健さんによる漫画『東京卍リベンジャーズ』。2021年にはテレビアニメの放送、実写化映画の公開、コミックスは全巻大重版など、とどまるところを知らない人気の高さを見せています。

そこで、All About編集部は『東京卍リベンジャーズ』について、11月19~30日の期間、10~50代の男女を対象に独自アンケート調査を実施。今回は、「東リベ」ファン127人に聞いた『東京卍リベンジャーズ』で好きなキャラクター3選をご紹介します。
 

1:龍宮寺堅

(画像出典:Amazon

「東京卍會」の副総長、ドラケンこと龍宮寺堅。長身に金髪を編んだヘアスタイル、こめかみの龍の刺青がトレードマーク。大人っぽく落ち着いた考え方は、相棒マイキーの「心」のような存在です。

回答者からは「圧倒的光。正義。まっすぐなところが好き(20代女性)」「大人びた性格かつ、礼儀や言葉遣いなどがしっかり出来ていて好感がもてる(20代女性)」などの声が上がりました。

さらに、「ドラケンの兄貴肌はすごいし1人でめっちゃ敵倒すし最強です(30代男性)」「とても面倒見がよく、大人っぽい。周りに対する心がとても綺麗(10代女性)」「落ちついた態度でリーダーを支える姿が格好良い(30代女性)」など、仲間やマイキーを支える姿に魅了されたというコメントが寄せられました。
 

2:佐野万次郎

(画像出典:Amazon

「東京卍會」総長、無敵のマイキーこと佐野万次郎。小柄ながら、圧倒的なけんかの強さとカリスマ性を持ち合わせています。マイキーの名言「ひよってるやついる?」は、TikTokやInstagramなど、若者を中心にSNSなどでも流行しました。

回答者からは「絶対的なカリスマ性と喧嘩の強さ(30代女性)」「仲間のためなら勇猛果敢に強者へも向かっていく様がカッコいい(20代男性)」などの声が見られました。

また、「絶対的強さ・カリスマ性と子供ような無邪気な行動のギャップがいい(30代男性)」「最強の不良なのに、子供っぽくて末っ子気質でかわいい(20代女性)」「見た目は、童顔で可愛らしいのに、めちゃくちゃ喧嘩が強く優しい(30代女性)」など、強い面とお茶目な面のギャップが好き、というコメントも。
 

3:松野千冬

(画像出典:Amazon

「東京卍會」壱番隊副隊長、松野千冬。壱番隊隊長の場地圭介を慕い、主人公・花垣武道を支え続ける姿に魅了される人は多いよう。ちょっとおバカが垣間見える戦略など、笑える部分も魅力です。

「最後まで場地さんを慕って信じていたところに惹かれた(20代女性)」「武道の事を沢山支えていて本当に良い奴だなと思った(20代女性)」「千冬の場地に対する尊敬の想いと、これけらの未来を武道に委ねる姿が好き(30代女性)」などの声が見られました。

さらに、「自分が認めた人の為なら全力で立ち向かっていく忠誠心を持っているところは人として尊敬できる。また、冷静でイケメンなところが好きです(30代男性)」「誰に対しても優しくて、大事な人のためには全力を尽くしている(20代女性)」など、千冬の真っ直ぐな姿に心を動かされたというコメントが目立ちました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
映画『東京卍リベンジャーズ』でハマり役だった俳優3選!「もう、この人しかいないでしょ」
ファンに聞いた『東京卍リベンジャーズ』で好きなシーン3選! 「男の友情を見て感動」「泣きました」
『スラムダンク』の「流川楓」を演じてほしい芸能人! 2位の「吉沢亮」を抑えた1位は?
『スラムダンク』の「三井寿」を演じてほしい芸能人! 2位「竹内涼真」、1位は?
『鬼滅の刃』の炭治郎を演じてほしい俳優ランキング! 3位「山崎賢人」、2位「佐藤健」、1位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは