「ランドセルが重い」平均約4kgを毎日背負うストレス……小学生の3人に1人は「通学ブルー」に

小学1~3年生と保護者1200人対象の調査によると、ランドセルの重さは平均約4kg。3人に1人の小学生が「ランドセルが重い」ことで、通学時の憂鬱(ゆううつ)感や肩の痛みなどの影響を感じていることが分かりました。

フットマークは11月8日、小学生の「ランドセルの重さに関する意識調査」結果を公表しました。同調査は、通学にランドセルを利用している小学1~3年生とその保護者1200名を対象に実施。3人に1人の小学生が通学時の憂鬱(ゆううつ)感や肩の痛みなどの影響が出るほど、「ランドセルが重い」と感じていることが分かりました。
 

ランドセルの重さは平均3.97kg!

ランドセルの重さはおよそ何kgですか?


ランドセルの重さが5kg以上の小学生は約4割以上を占め、平均は3.97kg。中には10kg以上のランドセルを背負っている子どもも。

 

「常に重い」と感じている子どもは2割以上


「わが子がランドセルを重いと感じている」と回答した90.5%の保護者のうち、2.7人に1人が「重い荷物を背負うことが億劫で、子どもが登校を嫌がった経験がある」と回答。さらに3.1人に1人が「通学時に肩や腰・背中など身体の痛みを訴えたことがある」と回答しています。
 

肩凝り、腰痛、通学時の憂鬱(ゆううつ)……「ランドセル症候群」

ランドセルの重さと児童への影響を研究している、白土健先生(大正大学教授)と高野勇人医師(たかの整形外科院長)。筋肉痛や肩凝り、腰痛などの身体異常、通学を憂鬱(ゆううつ)に感じるなど、ランドセルの重さが心身に影響している状態を「ランドセル症候群」と名付けています。

ランドセルの重さを大人の場合に置き換えてみると……


商品開発が進み、ランドセルそのものは昔より軽くなっている印象がありますが、「重いランドセル」は、その中身に原因があるよう。学習指導要領の改定などにより教科書のページは増加を続け、小学1~6年生の全教科分教科書の総ページ数の平均は、平成17年では4857ページだったのに対し、令和2年度では8520ページと1.7倍に増加しています。
 

さらに、調査では、学校に教科書を置いて帰る「置き勉」が禁止されている小学生は46.8%。副教材や体操服などを入れたサブバッグを持って登校することがある、と回答した小学生は92.0%に上り、加えてICT教育の推進により、ここに電子端末が加わることも。過酷な小学生の登下校の現状がうかがえます。


小学1~3年生という、まだ身体も小さい子どもたち。登下校の安全の見直しも検討される中、1人1人の負担を考え、1日の始まりである登校を笑顔に変える工夫も必要なようです。

【おすすめ記事】
ランドセルの色「男の子は黒、女の子は赤」は終わり? ラン活は同調圧力やジェンダーフリーへ
運動会や発表会に出たくない!子どもの園・学校行事に「行きたくない」にどう答える?欠席はアリ?
話題の児童書『かわいいのルール』の魅力と、「ステキ女子像」押し付けの息苦しさ
制服で「つらい思い」をしない社会へ… 広がるジェンダーレス制服・選択制、変える学校文化の「普通」
脱・重すぎるランドセル!軽量化の工夫と新たな選択肢「通学リュック」

【関連リンク】
リセマム

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応