「@cosme ベストコスメアワード2021」5位受賞の「ドラマティック ヌードジェリー BB」、担当者にこだわりを聞いてみた!

6月10日に発表された「@cosme ベストコスメアワード2021 上半期新作ベストコスメ」総合5位を獲得した、資生堂マキアージュの「ドラマティック ヌードジェリー BB」。多くの女性に支持される理由を知るべく、マキアージュ担当者の方を取材しました。

6月10日に発表された「@cosme ベストコスメアワード2021 上半期新作ベストコスメ」。 総合上位10商品中9商品を「マスク対策コスメ」が占めた中、総合5位、ベストBBクリーム部門では1位を獲得している、資生堂マキアージュの「ドラマティック ヌードジェリー BB」が多くの女性に支持される理由を調査! 開発へのこだわりや今注目のマスク×メイクのトレンド、今後のメイクトレンド動向について、資生堂/マキアージュ担当者の方を取材しました。 
 

総合5位を獲得! マキアージュ「ドラマティック ヌードジェリー BB」

ドラマティック ヌードジェリー BB(マキアージュ)3080円(税込)
コロナ禍で、多くの女性がベースメイクもリップメイクも「マスクにつかない」「マスクによって落ちにくい」機能を重視する傾向にある中、資生堂初、4カ月というスピード発売を実現。マキアージュの「ドラマティック ヌードジェリー BB」は、まさにコロナ禍でのメイクトレンドの変化に対し、資生堂全社一丸のプロジェクトにより生まれた商品。

ジェリーが肌を包み込んでコートするから「マスクにつきにくい」BBクリーム。肌をうるおわせながら、まるでスキンケア直後のような、つやと透明感のある仕上がりを実現。薄づきなのに毛穴・色ムラをカバーし、洗顔オフできるところも、手軽なケアで肌の負担も軽減できる嬉しいポイントです。
 

最大のこだわりは「マスクにつきにくいのに、つや肌が叶う」2つの機能の両立!

マキアージュ「ドラマティック ヌードジェリー BB」開発において、こだわった点はどんなところでしょうか?

「マスク生活が長引く中で「マスクへのつきにくさ、崩れにくさ」についての需要が高まる一方、コロナ前からのトレンドは、つやのある肌づくりでした。今回一番こだわったのは、本品の特長でもある『マスクにつきにくいのにつや肌が叶う』ことです。ただ、この2つの機能を両立するのは大変難しく、つや肌を演出するには、肌の表面に、ある程度油分も残すのですが、油分が多いとマスクに2次付着しやすい。一番良いバランスを見つけ出すところに苦労しました」(資生堂/マキアージュ担当者より)

マスクメイクにおいて、「崩れないこと」を優先した"マット"な仕上がりのベースメイク商品もいくつか出ている中、コロナ禍で生まれた消費者ニーズとコロナ以前の消費者ニーズを意識して開発された「ドラマティック ヌードジェリー BB」。「マスクにつきにくいのに、つや肌が叶う」という高い機能性を実現させたBBクリームであることが実感できます。
 

マスクを外したときも、「その人らしい美しさ」を引き出すカラー設計

「マスクもメイクの一つだと思うようになった」と感じている人は約3割
「@cosme ベストコスメアワード2021 上半期新作ベストコスメ」を主催するアイスタイルが、15歳以上の@cosmeプロデュースメンバー女性1万587名を対象に実施した「化粧品に関するアンケート」結果によると、2021年5月の時点で「マスクもメイクの一つだと思うようになった」と感じている人は約3割。「マスクをしていることで見た目や印象がよくなる人が多い」と感じている人はほぼ半数を占めるなど、長引くマスク生活において、マスクありきのメイクやおしゃれが多様化してきたように思える昨今。

「ドラマティック ヌードジェリー BB」商品開発の段階で、「マスクにつきにくい」という点以外で、マスクとの相性を意識することはあったのでしょうか?

「マキアージュは、瞳の色やパーソナルカラーに基づいて、その人に似合うおすすめの色を提案しており、マスクをしていても外したときも、その人らしい美しさを引き出すカラー設計を意識しています。マスクとの相性という意味では、マスクをしている時の顔立ちの印象やマスク着用時の快適さを重視して開発しました」(資生堂/マキアージュ担当者より)
 

マスク×メイクのトレンド、「目もとの印象アップ」も引き続き注目!

引き続き、しばらくの継続が予想されるコロナ禍およびマスク生活。海外などではワクチン接種も普及しており、マスクを外して外出する人も増えているようです。そのような事情から、海外のトレンドにも変化が見え始めることが予想されますが、今後の日本のメイクトレンドにはどのような影響があるのでしょうか? 

「今後のメイクへの影響としては、ワクチンの効果で外出の機会も増え、それに加えて今まで我慢していた反動もあって、メイクをもっと楽しみたいという前向きな気持ちが高まると考えています。そんな中で、深みがあって彩度の高い色やつやのある質感が増えてくるかもしれません。

一方、『コロナが明けてもマスクを使う』または『人混みでは使う』と考えている方も一定数いるため、マスクとメイクの共存は定着することも想定されます。今、注目しているマスク×メイクのトレンドとして、目もとにポイントを置いたメイク、目もとの印象を高めるメイクも引き続き注目です」(資生堂/マキアージュ担当者より)

コロナ禍で出てきた、新しいコスメ選びのキーワード。「マスクをしていてもメイクを楽しめる」、「マスクギャップを防ぐ」、「マスク悩みを解消する」……マキアージュの「ドラマティック ヌードジェリー BB」は、すべてを兼ね備えたメイクアイテムとして今後も人気を集めそうです!

【おすすめ記事】
@cosme「ベストコスメアワード2021 上半期新作ベストコスメ」発表! 総合1位は「リップ商品」
最近よく聞く「シカコスメ」って何?初心者におすすめのアイテム4選
マスク美人は「眉」から!ふんわり眉毛の作り方&おすすめアイブロウ
「頭皮を叩けば薄毛を防げる」「ストレスで髪は抜ける」は本当? 大正製薬の研究員に聞いてみた

【関連リンク】
@コスメ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても