iPhoneユーザー「AirTag」への関心度47.7%のうち、購入意欲があるのは?

アップルが発売した忘れ物タグ「AirTag(エアタグ)」ですが、スマートフォンユーザーはどのくらいの人が関心を持ち、予約・購入したのでしょうか。

忘れ物をしないためにしていることは?

忘れ物をしないためにしていること(年代別)

スマートフォンを所有する18~69歳の男女3857人を対象に、忘れ物をしないためにしていることを聞いたところ、「決めた置き場所に置く」が52.1%と最も多く、次いで「出かける前に持ち物チェックをしている」が44.9%、「事前に準備しておく」が42.5%となりました。

最も多かった回答を年代別で見ると、10代が「出かける前に持ち物チェックをしている」、20代が「事前に準備しておく」、30~60代が「決めた置き場所に置く」となり、年代別で忘れ物をしないためにしていることが異なることが分かりました。



【おすすめ記事】

アップル「AirTag」のすごい機能を解説! 家の中でも外出先でも、なくし物が見つかる

忘れ物防止タグの中で「AirTag」が優れている理由

iOS 14.5は「Apple WatchでiPhoneをロック解除」だけじゃない

「Apple Watchを持ってて良かった!」マスク姿でもiPhoneのロック解除が可能に

ahamo、povo、LINEMOへの乗り換え時はここに注意!


【関連リンク】

プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽