ジャニーズ出演の今期注目ドラマ3選

4月期のドラマも第一話の放送を終え、SNSでも放送の度にドラマ関連のワードが複数トレンド入りを果たすなど話題を集めています。本稿では、今期放送のドラマの中からジャニーズのアイドルが出演する注目の3作品を紹介します。

1. 日曜劇場『ドラゴン桜』

『ドラゴン桜』(画像は公式ホームページより)

4月25日からスタートした日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)に、King & Princeの高橋海人が瀬戸輝役で出演。両親を亡くし、姉が継いだ実家のラーメン店を手伝いながら暮らす高校生役を演じています。

本作は阿部寛が演じる元暴走族の弁護士・桜木建二が、偏差値35の生徒たちを東大合格へと導くサクセスストーリー。2005年版には、山下智久、長澤まさみ、中尾明慶、小池徹平、新垣結衣、紗栄子と、現在も俳優やタレントとして注目を集める俳優が揃っていました。

当時生徒役だった長澤まさみが弁護士として登場したほか、紗栄子もサプライズ出演。懐かしさを感じつつ、2005年版を思わせるフレッシュな顔ぶれです。

高橋と同級生役に、元欅坂46のセンターを務めた平手友梨奈、元『nicola』専属モデルの南沙良、子役として早くから活躍し、イギリス留学を経て帰国した加藤清史郎、MEN'S NON-NO専属モデルから、第43回日本アカデミー賞新人俳優勝を受賞した鈴鹿央士、元『ピチレモン』専属モデルの志田彩良、2019年公開の映画『町田くんの世界』で映画初主演を飾っている細田佳央太と、注目の若手俳優が続々と登場しています。

第一話では平手演じる岩崎楓が、コンビニで万引きをしていたのを注意した瀬戸。普通の学生のように思えましたが、後半には黒幕らしき雰囲気を漂わせていました……。

高橋はこれまでも高校生役のほかにも、ドラマ『姉ちゃんの恋人』ではほのぼのとした弟役を演じてきましたが、本作ではガラリと印象を変えています。アイドル、漫画家と肩書を持つ高橋、日曜劇場を通じて俳優としての爪痕を残しそうです。

※高橋海人の「高」は、はしごだかが正式表記
 

2. 『DIVE!!』

『DIVE!!』(画像は公式ホームページより)

ジャニーズJr.のユニット・HiHi Jetsの井上瑞稀、高橋優斗、作間龍斗が出演する『DIVE!!』(テレビ東京系)が4月14日にスタート。

存続の危機に瀕しているミズキダイビングクラブ(通称:MDC)を舞台に、井上、高橋、作間は飛び込みでオリンピック出場を目指す高校生ダイバーを演じます。クラブ存続の条件は、MDCから日本代表選手を送り出すこと。『ドラゴン桜』でいう東大合格を目指すのと近しいものがあります。

この難題に挑むのが、井上演じる坂井知季、作間演じる富士谷要一。また、幻の高校生ダイバー沖津飛沫役を高橋が演じます。

本作は森絵都著の同タイトルコミックが原作で、2008年に林遣都、池松壮亮、溝端淳平出演で映画化されました。高校生役と若手にしか演じられない作品であること、そして泳ぎを苦手とする井上の奮闘ぶりにも注目です。

主題歌もHiHi Jetsの新曲「青にDIVE」が起用されており、グループにとってもひときわ思い入れのある作品になることでしょう。

※高橋優斗の「高」ははしごだかが正式表記
 

3. 『ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情』

『ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情』(画像は公式ホームページより)

4月17日にスタートした『ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情』(ABCテレビ、テレビ朝日)には、関西ジャニーズJr.のなにわ男子、Aぇ! group、Lil かんさいの選抜メンバーが登場しています。

週替わりで様々な人間模様が描かれるオムニバスドラマで、2020年4月放送の『年下彼氏』(同局)と同じスタイルでの出演です。

本作は、夢を追って上京したワケあり男子たちを描いたもので、出演はなにわ男子の西畑大吾、高橋恭平、大橋和也、Aぇ!groupからは末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉、Lil かんさいからは嶋崎斗亜、西村拓哉、大西風雅、岡崎彪太郎、當間琉巧。

また、2020年11月に結成された新ユニットBoys beからは、池川侑希弥、上垣廣祐。関西ジャニーズJr.の小柴陸、浦陸斗、真弓孟之、藤森凌駕の参加も発表されています。

ドラマ主題歌は関西ジャニーズJr.の「鼓動」。上記ユニットから18人のメンバーが主題歌用にレコーディングを実施したとのこと。

なにわ男子の西畑を筆頭に芝居経験が豊富なメンバーもいれば、『年下彼氏』と本作で出演歴を重ねる初々しいメンバーも。関西出身の彼らの境遇と本作を重ね、親心のような気持ちで見守るファンも少なくないのではないでしょうか。

春の季節にぴったりの、芽吹きを感じさせる若き彼らの挑戦。これからどんな俳優へと成長するのか、上記3作を押さえておくと長いスパンで彼らの成長を応援する楽しみができそうです。