犬の飼育費どれくらいかかる?

ペットの代表格ともいえる犬。人気の高いペットですが、飼育するにあたってどれくらいの費用がかかるのでしょうか。生き物である以上、途中で飼育をやめるということはできません。飼育にかかる費用は、ペットを飼育する前に必ず把握しておきたい項目のひとつです。
 

そこで、今回は、一般社団法人ペットフード協会「令和2年 全国犬猫飼育実態調査」から、犬を飼育している人への調査から判明した、飼育費の総額や1カ月あたりのペットフードの費用を紹介します。
 

1カ月の支出は1万円強 生涯必要経費は平均約207万円

まずは、犬を飼育するにあたって発生する支出金額を確認します。下に示しているのは、1カ月あたりの支出金額を、総額、ドッグフード、おやつ用のドッグフードの項目で整理したものです。

このグラフからわかる通り、1カ月あたりの支出金額は平均で1万3715円となっています。市販の犬主食用のドッグフードは平均3304円、市販の犬おやつ用ドッグフードは平均1492円という結果になりました。
 

次に、犬の平均寿命と生涯必要経費を確認します。

生涯必要経費の平均は207万円となっています。小型犬で200万円、中型・大型犬は約230万円となっており、30万円の幅があります。
 

犬に与えるおやつNo.1は「ビーフジャーキー」

最後に、費用とは違った観点になりますが、犬に与えているおやつランキングを紹介します。

最も割合が高いのは、「市販の犬のおやつ用のジャーキー」で53.4%という結果になりました。つづいて、「市販のジャーキー以外の犬のおやつ」45.5%、「市販の犬のガム」41.3%の割合が高くなっています。「おやつを与えていない」という世帯も11.2%と少なからずあるようです。
 

以上、今回は、一般社団法人ペットフード協会の調査結果から、犬の生涯必要経費や1カ月あたりにかかる費用を紹介しました。

【関連記事】