約1200人に聞いた『歯のコンプレックス』! 1位は「虫歯」や「歯並び」ではなく……?

Oh my teethは、20~50代の会社員1208名を対象に「歯に関する意識調査」を実施。ビジネスパーソンが抱える歯の悩みや、ビジネスシーンにおける相手の歯に対する印象など、歯のコンプレックスについての実態がわかりました。

Oh my teethは4月15日、歯に関する意識調査の結果を発表しました。同調査は、20~50代の会社員1208名を対象に、2021年3月31日~4月1日の期間でインターネットにより実施。ビジネスパーソンが抱える歯の悩みや、ビジネスシーンにおける相手の歯に対する印象など、歯のコンプレックスに関する実態が見えてきました。
 

歯にコンプレックスが「ある」人は7割! 歯のコンプレックス1位は「歯の色」

歯にコンプレックスがある人は70%!(Oh my teeth調べ)

歯に悩みやコンプレックスが「ある」と答えた人は70%でした。

歯のコンプレックス1位は「歯の黄ばみ、色むら」(Oh my teeth調べ)

歯の悩みやコンプレックスの具体的な内容は、「歯の色(黄ばみ、色むら)」が60.2%と最も多く、次いで「歯並び」(54.0%)、「歯の汚れ(ヤニ、歯石)」(32.0%)でした。「詰め物・被せ物の色や形」と回答した人も多く、虫歯や歯周病など歯の機能面の悩みよりも、見た目に関するコンプレックスが大きいと言えそうです。
 

相手の歯並びや黄ばみが気になったことがある人は約6割! 

ビジネスシーンで相手の歯の見た目が気になった人は半数以上(Oh my teeth調べ)

商談中やビジネスシーンにおいて、相手の歯並びや黄ばみが気になったことが「ある」と「どちらかと言えばある」と回答した人を合わせると57.3%。半数以上の人が、相手の歯の見た目について気になったことがある、ということになります。

歯の見た目について指摘されたことがある人は29.1%。指摘した人との関係は?(Oh my teeth調べ)

逆に、自分自身が、歯並びや黄ばみについて他者に指摘された(アドバイスを受けた)ことがある人は29.1%。指摘した人との関係性は、「両親」(34.8%)が最も多く、次いで「パートナー」(27.9%)、「友達」(25.1%)でした。一方で、「上司」「同僚」「部下」「取引先」など、仕事関係の人は合わせると35.0%を占め、ビジネスシーンにおいても歯のコンプレックスを意識せざるを得ない場面もあるようです。

歯並びや黄ばみで「相手の印象は大きく変わる」と感じる人は81.0%を占めました。相手の歯並びや黄ばみが気になるということは、他人からも案外口元は見られているのかもしれません。

【おすすめ記事】
歯科医が解説!虫歯にならない「歯磨き回数とタイミング」
銀歯が招く3つのリスク『アレルギー』『虫歯』『歯周病』
歯の神経を抜くとどうなる?
重曹歯磨きで「ホワイトニング」はできる?
「清潔感がない」と思われやすい男性の特徴5つ


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化