開けて一面“抹茶色”…!発売ラッシュの「コンビニの抹茶スイーツ」3選

2021年春、コンビニスイーツは抹茶三昧です! なかでも話題になっているローソンとファミリーマートの期間限定の新作の抹茶スイーツ3品をご紹介します。

抹茶がアツい! 2021年春の新作コンビニスイーツ3選

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

2021年春、コンビニスイーツは抹茶三昧です! なかでも話題になっているローソンとファミリーマートの期間限定の新作の抹茶スイーツ3品をご紹介します。
 

ファミリーマート「お抹茶チーズケーキ」238円(税込)

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

まずは4月6日にファミリーマートから発売された「お抹茶チーズケーキ」。よく見ると、正式名称は「はじめは濃厚チーズなのに だんだん香り豊かな宇治抹茶ひろがる お抹茶チーズケーキ」のようです(長っ)。

■まるで抹茶の絨毯!

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

開けてびっくり、一面抹茶色! このふわふわは抹茶のスポンジクラムのようです。この下に濃厚なチーズソースとレアチーズムースの2層仕立てのチーズケーキと、なめらかなベイクド抹茶チーズケーキが隠れているようですが……?

■美しい3層の断面

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

食べた瞬間はなめらかで濃厚なチーズケーキ。甘すぎることなく、チーズのコクを感じるチーズケーキです。しばらくすると、抹茶の香りが鼻に抜けて、濃厚な宇治抹茶の上品なほろ苦さを感じます。うん、これは美味しい!

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

真ん中の層はふんわりとした食感で、北海道産マスカルポーネを使用したレアチーズムース。そして下の層は、京都府産宇治抹茶とデンマーク産クリームチーズをブレンドしたベイクド抹茶チーズケーキ。しっとり&濃厚な食感は“抹茶テリーヌ”といった印象です。

こんなにも厳選した素材を使っているのに238円! 食べ応えがあるので、この小さめのサイズ感がちょうど良いですね。
 

ローソン「生カステラ お抹茶」235円(税込)

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

次はローソンから発売されている「生カステラ お抹茶」。生ブッセや生バウムなど、生シリーズはしっとり感が特徴なので、今回の生カステラも期待大です。

■たっぷりの抹茶クリーム

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

シフォンケーキのようにふわふわのカステラを半分に切ってみると、中には抹茶クリームがたっぷり。抹茶は宇治抹茶を使用しているようです。表面は茶色で地味な印象ですが、中身は鮮やかな抹茶の緑色なのでテンションが上がります。

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

フォークで切ろうとしたらこの弾力! 大きな口で頬張ると、抹茶のいい香りが口の中に広がります。シフォン風生地は軽い食感なので、数口で胃袋に納まってしまいました。抹茶の苦味は少なめなので、お子さんでも食べやすいと思います。
 

ローソン「和パフェ お抹茶」295円(税込)

コンビニ2021年春は「抹茶スイーツ」

最後はローソンの新作「和パフェ お抹茶」。側面に見える何層にも重なった素材は、抹茶のムース、抹茶のソース、抹茶のクリーム、抹茶のゼリーです。

2021年春のコンビニは「抹茶スイーツ」

カップのフタを開けると、芝生のように細かやかな抹茶パウダーがたっぷりかかっています。

■実はスポンジとクランチチョコも!

2021年春のコンビニは「抹茶スイーツ」

スプーンをカップの奥まで入れていただきます。ふわふわのムースやクリームは甘くてまろやかな印象ですが、抹茶のゼリーは甘さ控えめで苦味もちゃんと味わえます。

実はゼリーとクリームの間に、ふわふわのスポンジ生地とカリカリのクランチチョコレートが入っています。食感の違いや甘さの違いを楽しみながら、飽きることなく食べ進めることができました。これは抹茶好きにおすすめしたい、大人の和パフェです。
 

抹茶ブームはまだまだ続く予感!

2021年春のコンビニは「抹茶スイーツ」

3月中旬以降から各コンビニから抹茶スイーツがたくさん登場しています。さらに4月13日からは、ローソンから抹茶味の「バスチー」も登場予定です。この時期だけの抹茶スイーツ、お早めにお試しください。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化