パンの消費支出ランキング 3位は京都市 2位は岡山市 1位はやはり…

4月12日は「パンの日」。1842年4月12日、江川英龍によって、はじめてパン焼き窯で「兵糧パン」第1号が焼き上げられたことに由来しています。今回は、総務省「家計調査」から、最新のパン支出ランキングを紹介します。

4月12日はパンの記念日

4月12日は「パンの記念日」。1842年4月12日、江川英龍によって、はじめてパン焼き窯で「兵糧パン」第1号が焼き上げられたことに由来しています。それを記念し、パン食普及協議会が1982年に4月12日を「パンの記念日」、毎月12日を「パンの日」と制定しました。

2021年、日本の食卓には欠かせないパンですが、全国の中で、どの地域が最もパン好きか知っていますか?
 

今回は、総務省「家計調査」から、最新のパン支出ランキングを紹介します。また、朝ごはんにパンを食べる頻度(オールアバウト独自調査)についてもご紹介します。
 

神戸市が堂々の1位!

それでは、パンへの支出ランキングを発表します。下に示しているのは、2人以上世帯を対象にした、2018~2020年におけるパンへの支出平均のランキングです。対象地域は、都道府県庁所在市及び政令指定都市としています。



ランキングに入った街と、支出金額は、下記の通りです。
 

■パンへの支出が多い街ランキングTOP5
1位:神戸市    3万8435円
2位:岡山市    3万6950円
3位:京都市    3万6316円
4位:東京都区部    3万6154円
5位:大阪市    3万6064円
 

■パンへの支出が少ない街ランキングTOP5
1位:秋田市    2万4153円
2位:那覇市    2万4802円
3位:福島市    2万5232円
4位:青森市    2万5242円
5位:山形市    2万5636円


次に、パンの中でも、食パンに絞った支出ランキングをご紹介します。

ランキングに入った街と、支出金額は、下記の通りです。
 

■食パンへの支出が多い街ランキングTOP5
1位:鳥取市    1万2177円
2位:神戸市    1万2123円
3位:金沢市    1万1945円
4位:奈良市    1万1825円
5位:堺市    1万1601円
 

■食パンへの支出が少ない街ランキングTOP5
1位:秋田市    6918円
2位:山形市    7478円
3位:福島市    7482円
4位:宮崎市    7619円
5位:那覇市    7717円

食パンでは、神戸市よりも鳥取市のほうが支出が多いことがわかりますね。
 

1週間のうち、朝ごはんにパンを食べる頻度は「1回」が最多

最後に、1週間のうち、朝ごはんにパンを食べる頻度をオールアバウトが独自に調査。下のグラフは、その割合を示したものです。
 


 

1000人を対象にした調査で最も多かったのは「1回」で23.9%という結果になりました。続いて多いのは「0回」で22.1%。全体のおよそ80%弱は、1週間のうちに少なくとも1回、朝食でパンを食べていることがわかりました。
 

以上、今回は、「パンの記念日」にちなんで、パンの支出金額が多い街ランキングをご紹介しました。

【関連記事】

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望