深刻化する空き家問題

日本で深刻化している課題の1つとして話題に上がる「空き家問題」。平成30年には、日本の住居の13.6%は空き家であることが確認され、過去最高の数値となっています。それでは、日本の中でも、特に空き家が多い地域はどこなのでしょうか。

今回は、総務省が実施した調査「住宅・土地統計調査」から、空き家の多い都道府県ランキングを紹介します。また、空き家が比較的少ないこと予想される、21大都市に焦点を絞り、空き家の状況について紹介します。

空き家率の都道府県ランキング

下のグラフは、空き家率の高い都道府県の上位5、下位5を抽出したランキングです。このランキングは、各都道府県の空き家の総数を、その都道府県の住宅数の総数で割った比率で試算しています。

 


上位、下位それぞれ5位は下記となります。

〇上位5
山梨県 21.3%
和歌山県 20.3%
長野県 19.6%
徳島県 19.5%
高知県 19.1%

〇下位5
愛知県 11.3%
神奈川県 10.8%
東京都 10.6%
沖縄県 10.4%
埼玉県 10.2%

この調査の空き家には、「二次的住宅」「賃貸用の住宅」「売却用の住宅」「その他の住宅」の4つに分類があります。それぞれ、下記のような意味になります。

  • 二次的住宅…週末や休暇のときに避暑・避寒・保養などの目的で使用される別荘や、残業で遅くなったときに寝泊まりするような「たまに使われる住宅」
  • 賃貸用の住宅…新築・中古を問わず,賃貸のために空き家になっている住宅
  • 売却用の住宅…新築・中古を問わず,売却のために空き家になっている住宅
  • その他の住宅…上記以外の人が住んでいない住宅

各項目のより詳細な説明は、「空き家数・空き家率について誤解しないためのポイント」をご覧ください。

これらの項目のうち、社会問題として語られるような空き家は、「その他の住宅」に該当します。そこで、次は、空き家率の中でも、「その他の住宅」に絞ったランキングを紹介します。

 


 

上位、下位それぞれ5位は下記となります。
〇上位5
高知県 12.8%
鹿児島県 12.0%
和歌山県 11.2%
島根県 10.6%
徳島県 10.3%
 
〇下位5
沖縄県 4.1%
愛知県 4.1%
埼玉県 3.7%
神奈川県 3.3%
東京都 2.3%


最初のランキングで空き家率の高かった長野県は、「その他の住宅」のみで考えると17位という結果になりました。

21大都市の空き家率

最後に、日本の21大都市の空き家の比率を確認します。

 


上位3、下位3の都市の内訳は下記のとおりです。
    
〇上位3
大阪市 17.1%(賃貸用の住宅:11.7% 売却用の住宅:0.6% 二次的住宅:0.2% その他の住宅:4.5%)
北九州市 15.8%(賃貸用の住宅:9.1% .売却用の住宅:1.4% 二次的住宅:0.1% その他の住宅:5.2%)
岡山市 14.5%(賃貸用の住宅:8.8% 売却用の住宅:0.3%    二次的住宅:0.2% その他の住宅:5.2%)

〇下位3
横浜市 9.7%(賃貸用の住宅:6.2%    売却用の住宅:0.6%    二次的住宅:0.1%    その他の住宅:2.8%)
川崎市 9.5%(賃貸用の住宅:6.0%     売却用の住宅:0.4%    二次的住宅:0.0%    その他の住宅:3.1%)
さいたま市 9.4%(賃貸用の住宅:5.8% 売却用の住宅:0.5% 二次的住宅:0.1% その他の住宅:3.0%)

21大都市のうち、大阪市は17.1%と比較的空き家率が多いことがわかりました。その内訳は他の都道府県とは異なり、賃貸用の住宅の空き家の比率が高いことがわかりました。

以上、今回は、空き家の多い都道府県ランキングを紹介しました。なお、このデータは2018年のデータとなります。新しい調査結果が出次第、更新していきます。