日本にある住居の13%は空き家

日本が抱える社会的な課題の1つとして挙げられる、空き家問題。増加の一途をたどる空き家ですが、具体的に、日本全国にはどのような空き家が何戸あるのでしょうか。

今回は、総務省が実施した調査「住宅・土地統計調査」から、日本の空き家の概況を紹介します。

2018年空き家の数は過去最高に

まず、日本全国の空き家の数を確認します。下に示したのは、日本全国の住戸総数、空き家の総数、空き家率を試算したグラフです。

 


このグラフから分かる通り、調査開始の1953年から住戸数、空き家数ともに増加し続けています。空き家の数は2018年で848万9000戸と過去最多となっています。空き家数だけでなく、空き家率も高くなっており、2018年は過去最高の13.6%となっています。
 



空き家の内訳を見ると、過半数が「賃貸用の住宅」となっています。二次的住宅(別荘など一時的に使用する住居を指す)は4.5%、売却用の住宅が3.5%となっています。

そして、41.1%を占める「その他の住宅」が空き家問題として、大きな社会問題になっている要因で、次章でより詳細を確認していきます。
※各項目の正しい捉え方は、「空き家数・空き家率について誤解しないためのポイント」をご覧ください。
 

「その他の住宅」の70%は一戸建て、約30%は破損あり

それでは、「その他の住宅」にはどのような建物が多いのでしょうか。下のグラフは、空き家の「その他の住宅」における、建て方の内訳を示したものです。
 


348万7200戸のうち、一戸建てが70%以上を占めており、251万8500戸あることがわかります。

日本が抱える問題として語られる空き家問題は、日本全体の空き家の約40%以下の割合にあり、その70%ほどが一戸建てであることがわかりました。
 

最後に、空き家の状況を確認します。下のグラフは、空き家の中で「腐朽・破損」がある住居の数と割合を示したものです。この割合は、各住宅における「腐朽・破損」のある割合を指します。

「腐朽・破損」の定義は下記です。

  • 外壁がところどころ落ちている、
  • 壁や基礎の一部にひびが入っている、
  • かわらが一部はずれている
  • 雨どいが破損してひさしの一部が取れている場合など



このグラフによれば、全ての空き家の約20%に「腐朽・破損」が確認できるとわかります。問題となっている「その他の住宅」では100万6000戸、約30%の「腐朽・破損」が確認されています。

以上、今回は、日本の空き家の概況と空き家の内訳を確認しました。なお、このデータは2018年のデータとなります。新しい調査結果が出次第、更新していきます。