マスクをつけることが当たり前となった昨今ですが、不織布、布、ウレタンなどの素材だけでなく、最近では二重マスクなど、マスクにもさまざまな種類やつけ方があります。

マスク着用は日常的になっているけど、1番使われているマスクの種類は?

LINEリサーチは3月10日、LINEユーザー(日本全国の15~69歳の男女)を対象にしたWeb調査により、外出時に欠かせなくなったマスクの利用実態についての調査結果を発表しました。
 

よくつけるマスク1位は「不織布マスク」

「もっともよくするマスクのつけ方・素材」(出典:LINEリサーチ)

「もっともよくつけるマスクの素材やつけ方」は、「不織布マスク」を1枚でつける人が最も多く、64%。次いで、布マスクを1枚でつける人が15%、ウレタンマスクを1枚でつける人が11%でした。

最近話題になっている、不織布マスクの上に布マスクをつける、などの「マスクの2枚重ね」をしている人は1割弱を占めました。

「最近2週間マスクをつけていない・つける機会がない」という人はごく少数で、ほとんどの人がマスクを日常的につけていることが分かりました。
 

ウレタンマスク、布マスクを選ぶ理由は?

「不織布マスク」と「マスクの2枚重ね」を選ぶ理由はどちらも「感染予防効果が高いから/高そうだから」

「不織布マスク」と「マスクの2枚重ね」を選ぶ人の理由は似通っていて、「感染予防効果が高いから/高そうだから」が約4割。次いで、やはり同じく「衛生的だから」という理由でした。

「ウレタンマスク」と「布マスク」を選ぶ理由1位は「呼吸が楽だから・息苦しくならないから」

「ウレタンマスク」を選ぶ理由は、1位が「呼吸が楽だから・息苦しくならないから」が46.9%とほぼ半数。次いで「耳のまわりが痛くなりにくいから」(45.1%)「価格が安いから/コストパフォーマンスがいいから」(27.4%)でした。

「布マスク」を選ぶ理由は、1位、2位がウレタンマスクと同じく「呼吸が楽だから・息苦しくならないから」(32.5%)「耳のまわりが痛くなりにくいから」(31.3%)。3位は「肌あれしにくいから/肌がかゆくなりにくいから」(29.7%)でした。

ウレタンマスクは10~20代に人気の傾向

年代別では、10代、20代の人が他の年代に比べると、やや「ウレタンマスク」の割合が多くなりましたが、どの年代においても6割前後の人が「不織布マスク」を利用している傾向となりました。

【おすすめ記事】

ウレタンマスクは効果なし?注意点と上手な活用法

二重マスクは効果なし?マスク二枚重ねの効果・注意点

2021年予想! コロナで広がる3大格差

布マスクの感染予防効果は? 逆効果にしないための注意ポイント

マスクは使い方次第で効果なし!? サイズ選びが重要