3人に1人が「今の仕事は自分に合っていない」 Indeed調査

世間では、どれほどの人が自分の仕事に対して不満や期待を抱いているでしょうか? Indeed Japanが全国15~64歳の男女1236人を対象に実施した、仕事に対しての考え方や自身の能力、可能性に関する意識調査の結果を参照しながら見ていきましょう。

世間では、どれほどの人が自分の仕事に対して不満や期待を抱いているでしょうか? Indeed Japanが全国15~64歳の男女1236人を対象に実施した、仕事に対しての考え方や自身の能力、可能性に関する意識調査の結果を参照しながら見ていきましょう。
 

「今の仕事は自分に合っている」と感じられていない割合は3人に1人

現在就いている仕事についての総合的な考え

「現在就いている仕事について」は、回答者の65.4%が「今の仕事は自分に合っている」と回答。全体の3分の1は「今の仕事は自分に合っている」と感じられていないことが分かりました。年代別にみると、「今の仕事が自分に合っている」と感じられていないのは20代が最も多く、約4割の39.4%という結果に。

また、今の仕事に対する意識はそれぞれ「自分の力を活かせる」57.1%、「得意なことを仕事にしている」48.3%、「今の仕事に満足している」47.2%、「好きなことを仕事にしている」43.3%と続き、「今の仕事は天職だと思う」と感じているのは最も低い27.6%でした。
 

世の中には「自分に合った仕事がある」50代が88.8%

仕事への考え方

世の中の仕事全体に対しては、現在の就労状況に関わらず84.8%の人が「世の中には自分に合った仕事があると思う」と回答。年代別に見ると、50代が最も高く88.8%でした。
 

また79.9%が「今の世の中には、自分の知らない仕事がもっとあると思う」と考えていることも分かりました。特に10代で84.9%、20代で79.7%と若い世代でその割合が高く、多くの人が、世の中に存在する仕事に対して期待を持っていることが分かります。
 

働くことに意欲的でありつつも、今の自分の仕事よりも自分の能力や性質に適している、つまり、自分が得意な仕事がある可能性を10代、20代がより考えているようです。
 

68%が転職に関心があるが、71%が転職はハードルが高いと感じている

転職に対する考え

転職については、「今すぐにでも転職したい」「将来的には転職したい」「転職に興味はある」を合わせると、有職者の68.1%が転職に関心を持っていることが分かりました。特に多かったのは30代で、79.0%が転職に関心を持っていました。
 

一方「転職はハードルが高い」と考える人は全体で71.3%、最多は30代の75.3%でした。「もしも、気軽に色々な仕事を試せるような機会があったとしたら、試してみたいと思いますか?」の質問には、63.1%が「試してみたい」と回答。特に10代では82.3%と最も高く、次いで30代が75.1%でした。
 

30代は転職に対する関心が高い一方で、実際に転職することに対するハードルを感じている割合も最多でした。気軽に仕事を試せる機会があれば試してみたいと考える人も多く、自身の仕事に対して見つめ直したり考えたりすることが多い世代であることがうかがえます。
 

調査は2021年2月10~12日の期間、インターネット上で行いました。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応