コロナ禍で増えた家庭ゴミを減らすには? みんながやっている工夫

日本トレンドリサーチは、全国の男女計2800名を対象に「家庭ゴミ」に関するアンケートを実施しました。在宅時間が増える中で、家庭ゴミの増減は変化しているのでしょうか。ゴミを減らすために行っているこもお聞きしたので、一緒にご報告します。

コロナ禍で在宅時間が増えたことで、家で出るゴミの量が増えた人も多いのではないでしょうか。もし増えた場合、ゴミを減らすためにできる工夫とは?

日本トレンドリサーチが発表した「ゴミに関するアンケート」調査からは、家庭ゴミを減らすために全国の人がどのような工夫をしているかが分かりました。以下、調査結果のサマリーを紹介します。

1:コロナ禍で在宅時間は増加したか

コロナ禍の在宅時間

まず、「コロナ禍に入って在宅時間が増えたか」という質問に対して、「とても増えた」が28.3%、「やや増えた」が37.2%で、合計すると65.5%の人は在宅時間が「増えた」と回答しました。
 

2:コロナ禍に入り家庭ゴミの量は増減したか

コロナ禍によるゴミの増減

「コロナ禍により家庭ゴミが増加したか」については、「とても増えた」が10.8%、「やや増えた」が39.5%で、合計すると50.3%の人は家庭ゴミの量が「増えた」と回答しました。
 

家庭ゴミが「とても増えた」「やや増えた」理由は、「なるべく出掛けないように、食料品を買いだめしていた」(40代・女性)、「家での食事が多くなって外食が減ったから。ストレスでお菓子を沢山食べるようになったから」(10代・女性)、「空き缶が増えた。ビールをよく飲むようになった」(40代・男性)などでした。

一方、「とても減った」「やや減った」人からは「お友達が遊びに来なくなり、ホームパーティーもしなくなってしまったから」(50代・女性)、「時間にゆとりが出来て自炊でまとめて料理を作る機会が増えた結果、弁当や惣菜やペットボトル類を買う機会が減ったから」(40代・男性)、「ゴミの管理が行き届くようになった」(60代・男性)といったコメントが挙げられました。
 

3:家庭ゴミを減らすことに行っていることとは

同調査では、コロナ禍で在宅時間が増えたことにより、半数が家庭ゴミの量が増加したという回答をした一方、残りの半数は「変わってない」「減った」という結果になりました。
 

家庭ゴミが変わらない・減少している家庭では、何かゴミの量を増やさないように工夫していることはあるのでしょうか。アンケートで分かった「家庭ゴミを減らすために行っていること」の一部を紹介します。
 

家庭ゴミを減らすために行っていること

  • かさ張るお菓子の中のプラスチックトレイなどをハサミで切って小さくして捨てたり、ペットボトルは足で踏み圧縮してレジ袋に集めておく(50代・男性)
  • 卵パックを捨てる時に、熱湯をかけて縮める(20代・女性)
  • 残飯を出さない(30代・女性)
  • シャンプーなどは詰め替えのものを買う(10代・女性)
  • お店で購入する際、エコバック持参したり、過剰包装してもらわずお買い上げシールを貼ってもらうだけにしている(40代・女性)

「余分な食材を買わない」「生ゴミの水気を切る」「詰め替えができる商品を選ぶ」など少しの工夫で排出するゴミの量を減らすことができるようです。


なお、同調査は2021年2月10~18日の期間、全国の男女計2800名を対象に行ったものです。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」