JAL「国内線PCR検査サービス」を3月8日に開始、税込2000円

JALは3月1日、JALマイレージバンク日本地区会員を対象に税込2000円で受けられるPCR検査サービスを提供すると発表しました。2021年3月15日~6月30日搭乗分が対象で、出発日の7日前までに申し込みが条件となります。

JALは3月8日から、JALマイレージバンク日本地区会員を対象に税込2000円で受けられるPCR検査サービスを開始します。2021年3月15日~6月30日の国内線搭乗者が対象で、出発日の7日前までに申し込みが条件となります。
 

希望者は専用WebサイトからJMB番号やクレジットカード情報を入力。支払い&申し込みの完了後、24時間ほどで検査申し込みページURLとチケットコードを記載したメールが届きます。申し込みページからPCR検査の手続きをすれば、後日、自宅に検査キットが到着。検査キットで採取した唾液を返送すると、到着&検査から24時間以内に結果がメールで届く仕組みです。
 

PCR検査サービスの流れ(検体返送時の送料は2000円とは別途必要)

医療法人社団直悠会にしたんクリニックと連携し、厚生労働省病原体検査指針に準拠したPCR検査を実施。陽性判定が出た場合はクリニックから連絡があり、保健所とも連携するとのことです。

「国内線PCR検査サービス」の概要

・関連リンク:「国内線PCR検査サービス」詳細ページ※3月8日公開予定

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴