アマゾンジャパンは2月25日、マンションでのAmazonの荷物の受け取りの煩わしさを解消するシステム「Key for Business」の導入を開始しました。米国などでは先行導入している「Key for Business」は、Amazonから委託を受けた配送業者や配送ドライバーが、専用の配送アプリからマンションのオートロックを解除できる仕組み。オートロック付きのマンションでも玄関等への置き配が可能になります。
 

オートロック付きマンションでは利用できなかったAmazonの置き配が可能に

Amazonが新しく導入したシステム「Key for Business」

Amazonの配送オプション「玄関等への置き配指定サービス」は、現在30都道府県でAmazonが発送するAmazonの荷物において、標準の配送方法としています。
 

これまでオートロック付きのマンションでは、受取人が不在の場合、配送ドライバーはマンションに立ち入ることができず、玄関等への置き配ができませんでした。また宅配ボックスが満杯のために受け取れない、商品を宅配ボックスから部屋まで運ばなければならない、といった不便さも。
 

在宅ワークで手が離せない時にも便利

オートロック付きマンションでも「置き配」が可能に

オートロック付きマンションに住むAmazonユーザーの課題の解決方法として生まれた「Key for Business」。インターホンや玄関での応対が不要になるので、不在時だけでなく在宅していても手が離せないとき、在宅勤務中などにも便利です。再配達の減少により、配送ドライバーの負担軽減や二酸化炭素等の排出削減による環境負荷の軽減にも役立つ方法として期待されます。
 

「Key for Business」の安全性は?

Amazonの荷物を届けたら、ロック解除の期限が切れる仕組み

マンションのエントランスのドア、またはオートロックの装置と「Key for Business」デバイスを接続し、配送ドライバーは専用の配送アプリから、オートロックを解除できるようになります。導入するマンションにAmazonの荷物を持った配送ドライバーが到着するとロックの解除ができるようになる仕組みで、配送ドライバーがマンションに入館し、玄関へのお届けが完了するとロック解除の期限が切れ、それ以降は同じ日でもマンションに入館できなくなります。
 

「Key for Business」の開始はマンション200棟から

Amazonは、国内で118万戸の賃貸建物を管理する大東建託パートナーズ、98万件以上にセキュリティソリューションを提供する綜合警備保障(ALSOK)をはじめとする企業と協力して導入を進め、順次、パートナー企業を拡大しながら「Key for Business」を全国展開していきます。サービス開始時は、200棟のマンションへの導入を予定しています。